涙の効用
    - 2005/12/19(Mon) -
    わたしよりずっと若い、友人から聞いた話です。

    一ヶ月ほど前、地下鉄の駅を降り、地上へと向かう階段を上っていたとき、
    知らない女性に声をかけられました。
    その女性はとても困った顔で、
    「帰してあげたいんやけど、どうしたらいいやろ?」

    友人は、いったい何のことやらわかりません。

    どう答えていいか戸惑う友人はその時、
    女性の足元に、小さな鳥がいるのを発見したのでした。
    ひな鳥らしく、小さくてまだ飛ぶこともできません。
    盛んに鳴いて、階段を上がったり下りたり。
    親鳥はどこにいるのか、姿も見えない。

    「どうしたらいいやろ?」
    「どこに連れていったらいいんやろ?」

    心配そうな女性でしたが、急いでいるらしくて、
    その鳥をお願いと、友人に託して行ってしまいました。

    そこで、友人はその鳥を抱いて、近くの交番に連れて行ったのです。
    でもそこでの、警察官の対応は、

    「どうしようもあらへん」
    「その辺に放したら?」

    と、冷たいもの。

    たまらなくなった友人は、
    「鳥が死んじゃう・・」と涙をポロポロ・・・・

    途端に態度が変わったおまわりさん。

    「ちょ ちょっと待って」と
    動物園に電話をしてくれたのでした。

    そこからパトカーで動物園へ・・・・と、
    そこまで甘くはありませんでしたが、
    連絡をしてくれたので彼女はひとり、
    小鳥を抱えて動物園へと向かったのでした。

    あれから一ヶ月・・・
    あの鳥はどうなったかと気にしていたころ
    動物園から一枚の葉書が届きました。

    「元気になりましたので自然に帰しました」

    彼女が泣いて喜んだのは言うまでもありません。
    そして今回のことで、彼女はひとつ学習をしたのでした。

    「女の涙は武器になる」

    武器にするかどうかは別として、
    嘘のない涙は いいものですね。


    2005-12-19
    この記事のURL | ひとりごと・日常 | CM(0) | ▲ top
    水底を彩る
    - 2005/12/15(Thu) -
    秋の想いは 水の底

    季節が巡り

    想いが巡る

    ひとつひとつを 積み重ね

    ひとつひとつを 沈ませる

    そして迎える

    しずかな季節


    あたらしいこころで

    k20051215.jpg

    2005-12-15
    この記事のURL | ひとりごと・日常 | CM(0) | ▲ top
    - 2005/12/12(Mon) -
    12月6日~11日まで早稲田大学学生会館にて開催されていた、
    「生命のメッセージ展in早稲田大学2005」が
    無事終了いたしました。
    多くの来場者にお越しいただき、
    それぞれが「いのち」について考えてくださいましたこと、感謝いたします。

    「生命のメッセージ展」とは、
    事故や犯罪でいのちを奪われた人の等身大のオブジェに、
    写真とメッセージを沿え、足元には生前履いていた靴を置く、
    「いのち」の展示です。
    犯罪のない社会を訴え、全国を旅しています。

    今回は早稲田大学を始め、他大学や専門学校の学生さんが主体となり、
    企画、運営を行ってきました。

    ↓羊は愛の象徴のよう・・・と、学生さんたちが手作りの羊をつくりました。
    200512121.jpg

    ↓「いのち」についてのそれぞれの思い
    200512122.jpg

    ↓会場風景
    200512123.jpg

    ↓未来ある幼い子どもも他者の手によっていのちを奪わてしまった。
    200512125.jpg

    ↓ひとりのメッセンジャーの写真を、4枚一組にして展示しています。
     亡くなった時刻を表した「時計」も置かれました。
    200512126.jpg

    「いのち」が粗末にされる時代。
    大切なあなたのいのち、あなたの大切なひとのいのち・・・。
    かけがえのないもの。

    今年の漢字は、「愛」だそうです。

    筆で「愛」の字を書かれた清水寺貫主は、
    「相手のよろこびや苦しみが伝わってくる。それを理解するのが愛だ」
    とおっしゃっていました。

    今回の「生命のメッセージ展」の運営に携わってくださった学生さんたちは
    まさに、「愛」そのものでした。

    ご協力くださった多くの学生の皆様、
    ブログを通じて、
    「生命のメッセージ展」をご理解いただき、ご協力してくださいました皆様、
    会場に来られなくとも、「いのち」について思いを馳せてくださいました皆様、
    心から、お礼を申し上げます。


    2005/12/12(月) 19:17:56
    この記事のURL | いのち、事件・事故 | CM(0) | ▲ top
    たけさん
    - 2005/12/10(Sat) -
    京都、四条小橋の橋の上、
    時々、ポストカードを販売しているたけさん。

    実はわたし、彼のファンです。

    彼の書く詩と絵は、ハートがあって
    とっても 素敵です。

    20051210.jpg
    右・たけさん 左・お友達の佐藤さん

    彼は2001年10月に、脳梗塞で倒れ、
    その後、失語症と言語障害、聴覚障害、右手麻痺という重い後遺症が残りました。

    でもそれから
    残った左手を使って、絵と詩を表現し始めたたけさん。
    わたしは彼の姿から 
    生きる勇気をもらったような気がします。

    今日は久しぶりのストリートin京都。
    近くにいながら、なかなか行けないのですが、
    今日は時間があったので、電車でのんびり行ってきました。

    実は お会いしたのは今日が2回目。
    2年前の春、傍を通りかかったときに、
    偶然たけさんを発見したのでした。
    以前TVで紹介され、印象深かったので、すぐにわかりましたよ。

    お会いできてよかった~~。

    たけさん、今日もいい日を
    ありがとう。


    2005/12/10(土) 18:29:05
    この記事のURL | ひとりごと・日常 | CM(0) | ▲ top
    手話コーラス
    - 2005/12/10(Sat) -
    今日は近くの施設で、
    障害者週間のイベントがありました。
    わたしが通っている手話サークルの学生さんたちが
    手話コーラスをするというので、行ってきました!

    わたしは数年前から、ストレスによる難聴になりました。
    でも まだ軽度です。
    でも 人の話がわからないときも多々あり。

    難聴になる前から、手話を学んでいたので、
    手話ができる人との会話はスムーズ。
    手話を学んでいてよかったけれど、
    周囲に手話ができる人は殆どいません。
    知っていても、使える人は少ないのですね。

    聾者には手話コーラスが好きではない人もいますが、
    これをきっかけに、興味を持って
    手話を学ぶ人が増えたら、嬉しいですね。

    龍谷大学・手話サークル「DAY」
    200512101.jpg

    200512102.jpg

    200512103.jpg

    200512104.jpg

    歌は ゆずの
    「友達の唄」 と 「またあえる日まで」


    2005-12-10
    この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
    | メイン |