スポンサーサイト
    - --/--/--(--) -
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
    虫食い川柳
    - 2006/09/30(Sat) -
    今日の朝刊に、
    「虫食い川柳」が紹介されていた。

    「人ひとり 『  』 すと ひらけゆくこころ」

    『  』 に 
    どんな文字が入るか当てるのです。
    作者は片岡つとむさんという方。

    私も時々、ヘタクソな川柳を作るのですが、
    自分が楽しんでいるだけなので、詳しくは知りません。
    でも短い言葉のなかに、
    深い意味を見出すのは、面白いものですね。

    『  』 のなかに
    どんな文字が入るか・・
    人それぞれ違うだろうなぁ。

    私は考える前に
    答えを読んじゃったのですが・・

    答えは

    『 許 』す だそうです。

    「人ひとり許すとひらけゆくこころ」

    なるほど・・・・・

    許すことほど、人間を大きくするものはないかもしれない。


    私にはどうしても許せない人間が一人いる。
    その人への憎しみは手放すことができたけど
    許すことはできない、やっぱり。

    許すなんて 簡単には言えることではないと思う。

    許すことも重い大切なことだけど
    許されるような人間になることも、とても大切なことではないのかな。

    そういう気持ちが相手にあれば、
    許すこともできるのだろうか。

    それとも どんな相手でも
    許すことが必要なのだろうか?

    2006-09-30
    スポンサーサイト
    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | CM(0) | ▲ top
    - 2006/09/28(Thu) -
    最近 耳のことで
    ちょっと 元気がなかったのですが、
    聞き取れないものは聞き取れないんだからと
    開き直ることにしました。


    先日、初めて
    ノートテイクをお願いしてみました。
    4時間だから、2人の人に。

    障害者と認定されない私は、
    公的な福祉サービスを受けることはできないので
    好意でやってもらったわけですが、
    謝礼はお渡ししました(全額じゃないですが)


    数値で線引きしないで、
    必要な人には、
    必要な援助が受けられるような社会、
    夢かなー。

    2006-09-28
    この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
    ぶー
    - 2006/09/27(Wed) -
    お久しぶりです。

    最近 忙しかったのと
    耳のことで気がめいることが何度かあり
    何も書く気になれず
    ずっとさぼっていました。

    慣れてきたとはいえ
    がっかりすることも多くて
    低空飛行の毎日です。

    墜落しないだけましだけど。


    昨日なんか夜に
    急に 「ブー」 と何かのブザーが鳴るので
    一体何の音としばらく考えたのですが

    耳鳴りと判明。


    耳鳴りまで 「ブー」 なのかぃ??

    たまりませんわ・・・


    とブツブツ言ってますが
    そのうち上昇しようと思っているので
    ご心配なく。

    2006-09-27
    この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
    生命のメッセージ展inいなぎ
    - 2006/09/19(Tue) -
    「生命のメッセージ展inいなぎ」 が無事終了しました。

    9月15日から3日間開催されたのですが、
    その前の数日間は、関東は寒かったそうですね。
    いきなり気温が下がったとか。
    関西は、厳しくはないけれど残暑の日々だったので、
    なんだか不思議な気もしました。
    雨も降り続いていたそうですが、
    多分晴れるだろうと傘を持たずに行きました。

    行けばやっぱり。
    お天気は回復。
    傘は必要なかったです。

    最近は、福岡の飲酒運転による幼児3人死亡事故をきっかけに
    飲酒運転がよくマスコミに取り上げられています。
    メッセージ展に参加のオブジェたちの中にも
    飲酒運転による犠牲者が多い。
    今注目を集め、取り締まりも厳しくなっているのに
    飲酒運転が後を絶たない。
    何故なのだろう・・・

    自分は大丈夫だと思っているから?
    飲酒運転が習慣となり、罪悪感を感じないのかもしれない。

    やめましょう。
    罰金がイヤだとか、違反点数がつくとか
    そんなことではなく

    人を殺すかもしれないから。

    わかっていて飲んでハンドルを握るのは
    殺意があるのと同じです。
    モラルの低下をよく感じる昨今。
    飲酒運転はそのひとつ。

    交通事故だけではない。
    自分の命も
    ひとの命も大切にしてください。
    人生は自分のもので、
    自分を中心として創りあげていくものであると思うけれど、
    世界との調和を大切にして欲しいと思う。

    ↓inいなぎ 会場風景
    200609191.jpg

    200609192.jpg

    200609193.jpg

    200609194.jpg

    2006-09-19 |
    この記事のURL | いのち、事件・事故 | CM(0) | ▲ top
    飲酒運転
    - 2006/09/13(Wed) -
    最近は飲酒運転による事故のニュースが多いですね。
    福岡の幼児三人死亡事故があってから、再び注目を集めています。
    大きな事故が起こらなければ、注目されないとは情けない話です。

    しかし情けない話ですが、
    私も飲酒運転をしたことがありました。

    「少しくらいなら大丈夫」と言って
    車で来た人にお酒を勧める光景は、
    以前はよく見かけられたと思います。

    その人の体質にもよるけれど、
    一口飲んだだけで酔っ払う人もいれば
    何杯飲んでも平気な人もいる。
    私はどちらかというと、後者ですね。
    ですから、勧められたら口にしました。

    少しくらいなら大丈夫と、飲んで乗る。
    そして無事に帰れる。
    そういうことを繰り返しているうち、飲酒運転にも慣れてくるように思います。
    誰も傷つけることなく無事に帰れたのは
    運が良かったからだけなのに・・

    飲酒運転による事故はずっと以前から繰り返し起こっているのに、
    私も含めて社会が
    「自分とは関係のないこと」 と、問題として捉えていなかった。
    意識が低すぎましたね。

    いま、お酒は誰でも、好きな時に飲める時代。
    コンビニに行けばビールがジュースやお茶の横に並んでいるし、
    自動販売機にはいつも冷えたビールがある。
    ビールや酎ハイなどは、もうお茶代わりの感覚。
    普段から飲んでいるからそう思えるのです。

    車で来る人が多いイベント会場などにも、ビールが販売されていたりします。
    好きな人は飲みたくなりますよね。
    私も多分飲みますよ (車でない場合はね)
    だけど基本的に、昼間の明るいイベントに、酒類を用意する必要はないのです。

    バーベキューだって、必ずビールを用意するけれど
    みんな車で来ているわけだし、
    ドライバー全員がお酒が嫌いな人ではないだろうし、飲みたくなりますよね。
    そして多分飲みますよね。
    少しだけ、と言って。

    飲みたくなる環境をつくらないことも大切です。
    社会全体が、飲酒運転に厳しい姿勢で臨んで欲しいと思います。

    2006-09-13
    この記事のURL | いのち、事件・事故 | CM(0) | ▲ top
    | メイン |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。