矛盾
    - 2007/04/21(Sat) -
    犬はもう 殆ど歩けない。
    歩かせる時にはタオルを腰に巻き、タオルの両端を上から持って
    吊るすようにして歩かせる。
    だけど痴呆のせいで、同じところばかりをぐるぐる回る。
    もうけっこうなお年寄りだ。
    これから全く歩けなくなったら どうすればよいだろう。

    世間では、愛犬の車椅子を作って
    最後の最後までお世話をする愛犬家もいると聞く。
    家族と同様だからって。

    この犬はどうなのだろう。
    私にとって
    家族と同じ存在だろうか?

    犬が衰えていくのを見ていて、いつも考える。
    この犬は同居している犬で、家族とは私は思えない。

    情はあるけど 愛情はない。
    世話をするのは、私の義務だと思ってる。
    犬も自分に愛情が向けられていないことを、感じることがあるのだろうか?
    それでも元気な時は、リードを見せると尻尾を振ってよろこんだ。
    散歩の時には生き生きしていた。
    その姿は、外からは
    普通の幸せな飼い犬と飼い主に見えただろう。

    もともと犬はそれほど好きなほうじゃない。
    じゃ何故飼ったのか? と思うでしょう。
    私は犬に同情した。
    犬は私の友人が飼っていた犬で
    彼女が病気で死んだ後、高齢のお父さんが3年間世話をしてきたけれど、
    老人ホームに入る予定があるから、犬を処分すると
    私に電話をかけてこられたのだ。
    私は犬を見捨てられなかった。
    犬と、彼女と、お父さんの人生に、私は同情したのだ。

    だから3匹のうち2匹を引き取った。
    当時は毛も抜けて、躾もできていなかった犬を
    手入れして、きれいにして、
    犬の躾け方教室に行ったおかげで
    お座りやお手もできなかった犬ができるようになり
    散歩も再びできるようになり、健康的になってきて
    上手く生活に溶け込んできた時に、事故が起こり
    犬は助かり、息子は死んだ。

    事故の原因は犬じゃない。
    だけど 賢い犬だったら
    ダンプの接近に気付いたかもしれない。
    あの犬は、普通の犬だということに気が付かなかった私。
    事故の可能性を全く考えずに
    子どもたちだけで犬の散歩に行かせた私。
    そうやって 自分を責めて
    犬の散歩をさせる度に事故を思い出して
    「どうしておまえは息子を助けなかったの」と呟いて。

    普段は考えないようにしてきた。
    楽しいものにしようとしてきた。
    だけど
    犬との生活は私にとって苦痛だった。

    だから今 散歩に行けなくなって 私はほっとしている。
    もう 行かなくていいんだと。

    立てなくて吠え続ける犬。
    そのうちに疲れて眠る犬。
    家に来てから、息子の人生の時間を越えて生き続ける犬。

    餌を口元に持っていき与える。
    がつがつ食べる。
    生きようとする力を感じる。

    でも と思う。
    もういいでしょう。
    私を解放してよと。

    2007/04/21(土) 13:29:40
    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | CM(0) | ▲ top
    ぼたん
    - 2007/04/19(Thu) -
    20070419.jpg

    写りがよくないんですけどね
    これ
    ぼたんの花です。

    お隣の方にいただきました。

    「今年は咲かないと思っていたんやけど、咲いたから」

    と言って切って持ってきてくださった。

    いつも犬のことで迷惑をかけているのに
    申し訳ない。
    だから嬉しい。

    こういうことがあると、
    人との触れ合いは喜びだなと思う。
    人によって
    憎しみや悲しみや恨みがもたらされもするけれど
    人によって
    癒されることも多いなと思う。


    先日 少し離れた地域に住む友人たちと
    久しぶりに会った。
    4人の友人のうち3人は
    会うのは2回目。
    だけど、再会はとても嬉しく、楽しいものだった。

    友人になるのに時間など関係ない。
    前回会ったときも、話した時間は本当に短かかった。
    でもずっと心に残っていた人たちだった。

    会えて本当によかったと
    思える出会い。
    私はボケボケ でも
    出会う人はみなすっきりと素晴らしい人ばかり。

    ああ私って 得してるなあー
    と 出会いに感謝。 

    そうそう、
    ぼたんの花の横におまけで写っているのは
    うちの猫です。

    花に負けませんね。
     (親バカ)
    (^.^)

    2007/04/19(木) 23:35:54|
    この記事のURL | ひとりごと・日常 | CM(0) | ▲ top
    珍味
    - 2007/04/15(Sun) -
    20070414.jpg

    左:イカナゴの釘煮
    右・山椒の花の佃煮

    どちらも春の味。

    イカナゴは友だちが炊いたのをもらった。
    美味しいんですよー。
    自分では炊いたことがないので、
    ひたすらもらえるのを待つ毎年の春。

    花山椒は、庭に植えてある木のものです。
    山椒は、花が咲くだけの花山椒と
    実がなる実山椒の2種類があるそうですね。
    と聞いていたけど、
    山椒について詳しいことは知らないので調べてみたら、

    サンショウの若葉は  「木の芽」、
    雄株から採った雄花は  「花山椒」、
    雌株の未熟果実をは 「実山椒」、
    完熟した実の粉末は  「粉山椒」、
    若い樹皮は  「辛皮(カラカワ)」
    なんだそうだ。

    この花山椒の佃煮は、
    お隣の奥様に教えてもらった料理なのです。
    今住んでいる家に引っ越してきて、3年目くらいだったか、
    外に出ていた時にお隣のご主人が通りがかり、
    こう声をかけられました。

    「お宅の山椒、花咲いてますな」 

    「?」

    言われるまで花が咲いていることに気が付かなかった。
    さらに

    「あの花炊くと美味しいんでっせ」

    「?!」

    ということで、奥様に炊き方を教えてもらいに行ったのです。

    花は蕾がふくらんできた頃に取ります。
    花が咲く前でなければいけません。
    だから
    もうすぐかな? なんて待っているうちに
    時期を逃すこともある。

    今年は、2、3日前から、気が付いてはいたものの、
    ちょっと落ち着かない日々が続いているので
    炊くつもりはなかったのですが、
    今日の夕方、やっぱり炊くことにしました。
    おかげで良いタイミングでとることができました。

    口に入れると、独特の香り。
    刺激が上顎に残る感じ。
    苦味と甘さと刺激・・・・
    春の味が口のなかいっぱいに広がる感じ。
    ああ
    これこそ春の味。。。。。

    じわーーーーと
    よろこびに浸っていると
    お隣の奥様の言葉が蘇る。

    「珍味やで」

    少ししかとれないので
    なかなかおすそ分けできないのが残念ですが、
    来年は大切な友だちに
    一口だけでも食べてもらいたいなあと
    そう 思っています。

    2007/04/15(日) 00:38:25
    この記事のURL | ひとりごと・日常 | CM(0) | ▲ top
    たけさん個展
    - 2007/04/11(Wed) -
    京都・高島屋で
    たけさんの個展が始まりました。
    今日から2週間の予定です。

    200704111.jpg

    たけさんは5年半前に脳梗塞で倒れ、
    失語症、言語障害、聴覚障害、右手麻痺の後遺症が残りました。

    その後左手で絵を描くようになり、
    自分の絵と詩を路上で販売するようになって
    この4月で5年。

    私がTVのアンビリバボーという番組でたけさんのことを知り、
    その後偶然、京都でお会いしてからこの春で2年。
    うん? もしかしたら3年かもしれない。
    晴れた日で、
    桜の花びらが高瀬川にはらはらと舞い落ちて、美しかった。

    そしてその後、ストリートにカレンダーを買いに行き、
    たけさんに声をかけた。

    その時の写真↓
    200704112.jpg

    たけさんには、いつも勇気をもらっています。

    たけさんとは筆談で話しますが、
    あんまり、たけさんの聴覚障害のこと、気にならないですね。
    他の人がたけさんと筆談で話していても
    自然な感じなんですよ。

    それは私が、
    たけさんが私以上に聞こえにくいことにも、
    自分が聞こえにくいことにも慣れた、
    ということなのかもしれないけれど、
    彼はとにかく自然体。

    言葉が出せなくても、筆談でも
    普通に話しているような感覚です。

    いい感じなんです。
    その人の雰囲気 というか、
    魂の雰囲気 というのでしょうか。

    2007/04/11(水) 22:27:35
    この記事のURL | ひとりごと・日常 | CM(0) | ▲ top
    ケージ
    - 2007/04/03(Tue) -
    昨日は、いつもなら見える風景が見えないくらい
    黄砂がすごかった。
    これほど濃い?のも、珍しいですね。

    今日は黄砂はほとんど感じないけれど、寒くなりました。
    桜は徐々に花開いています。

    さて うちの犬のために
    バスマットをつなげて輪になったケージをつくりました。
    ネットで調べて知って、つくってみたんです。
    これなら突き当たって、動けなくなることもないので安心。
    ころんでも起きあがりやすいように、毛布をひいて
    そして夜はオシメを当てることにしました。
    ころんでしまって吠えているうち、いつも失禁してしまうのです。
    犬も気持ちが悪いだろうし、その度に掃除するのも大変だった。

    夜は玄関に入れていますが、
    夜中に何度も吠えるので、正直言ってこちらも辛い。
    ご近所にも迷惑なので、安定するという薬を飲ませています。
    そのせいか、昨夜は朝方少し吠えただけ、こちらもぐっすり眠れました。
    あー
    なんだか久しぶり・・・・。

    朝起きて、犬が安らかに眠っているのを見ると
    なんだかこちらもほっとして、少し幸せ気分になる。

    ふと、ふーちーのことを思い出し
    体の大きさを比べると、ふーちーは楽だったかなと思ったけれど
    いや、そうでもなかったな。
    あんな小さな猫の世話でも、大変だったんだ。

    生きるって、喜びもあるけど
    しんどいことだね。

    2007/04/03(火) 20:40:26
    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | CM(0) | ▲ top
    | メイン |