関わること
    - 2008/09/21(Sun) -
    京都の
    「犯罪被害者等度を支える府民の集い」 で
     「生命のミニ・メッセージ展」 が行われました。

    14名のメッセンジャー(オブジェ)達が集合です。

    来場された方は関連団体の方が多いそうですが、
    画一的な感じではなく、若い人達も結構おられました。
    子供さんの姿も。
    メッセンジャーと、時間をかけて向かいあう人が多かった。

    さてこの集い、
    第一部には市内の中学校の吹奏楽部による
    演奏と交通安全に関する演劇あり。
    寸劇もなかなか良いですね。

    その後風見しんごさんの講演。
    数分後に大切な家族が突然命を失うなど、想像する人はいない。
    起こってから気付くのでは遅い。
    自分達と同じような思いは誰にもしてもらいたくない。
    いつか 交通事故がゼロになる日を願っている。

    しんごさんの話されることは、
    交通事故の犠牲者の遺族誰もが思うことだと思います。

    事故からまだ1年と半年くらい。
    時折涙を拭いながら話される。
    多くの人が事故の悲しさ、恐ろしさを感じ取ったことでしょう。

    私は同じ立場の者だから、共感することは多い。
    でも経験のない人とはまた違う感じ方なのかな?
    なんて考えながら、でも伝わるものは大きいと感じながら聞きました。

    いえ、正確に言うと、見ました。
    京都府犯罪被害支援連絡協議会のお計らいで、手話通訳をつけていただきましたから。
    そして会員・・支援センターの人だったかもしれませんが・・、そのなかに
    要約筆記者の方がいらっしゃいました。
    要約筆記が必要な場合は派遣制度を利用するので、
    そこで要約筆記の仕事をされているのではありません。
    でも被害者支援に携わる人のなかに、聴覚障害に対して、知識と理解のある人がいるわけです。
    犯罪・・交通事故も犯罪です・・は、人を選ばない。
    もし聞こえない人が犯罪に遭ったとき、支援する側の中に聞こえないことへの理解のある人が
    いるといないとでは、大きな差があると思います。

    今日来られた聞こえない方は私を含めて数名で、
    たった数名の者のために、高額の通訳料を限りある予算のなかから準備していただいたことが
    本当にありがたく、そして申し訳なく思いました。
    そんなことを思う必要はないはずですが、
    私にはそれが当然の権利、だとは言えません。
    権利を保障されているろう者はまた違いますが、
    私のような健聴者でもない障害者ともみなされない中途半端な人間は
    要らぬことで肩身の狭い思いを感じることがあります。
    聞こえない人が僅かなら、そのための予算など取る必要がないと、
    当たり前のようにカットする人もいるのですから。
    少数派は切り捨てられる社会なのです。
    必要な者が必要なことを、当たり前のように受けられる社会であってほしいですね。

    それは犯罪被害者にも言えることかもしれません。
    以前は耐えることが当たり前だった。
    でも犯罪被害者が声をあげたことで、被害者に対する理解と支援が始まるなど
    少しずつ変わってきました。
    先進国の中ではまだまだ遅れているとはいえ、この10年で。

    でも関心のない人も多いです。
    人は自分に関係のないことに対しては、無関心。
    その人達に関わってもらうことが大事だと
    第二部のパネルディスカッションで話されていました。
    自分に降りかかってから目を向けるのではなく、
    関係がなくても関わることの大切さ、知ることの大切さ。
    なんでも関わることで、精神が育っていくものではないかな。

    そんなことなど考えられたのは、やはり通訳をつけていただいたからです。
    なければ、いつもと同じように蚊帳の外状態、
    頭も停止状態だったでしょう。
    ご理解いただいた主催者の皆様に感謝します。
    そして、やっぱり自分から蚊帳の外に出てはいけないのだと
    改めて思った次第です。

    2008/09/21(日) 22:17:55
    この記事のURL | いのち、事件・事故 | CM(0) | ▲ top
    忘れられない声がある
    - 2008/09/18(Thu) -
    何人かの人に
    久しぶりに自分から電話をした。

    聞き取りにくくて何度も聞き返したけれども
    私でもまだ電話ができることにちょっと感激。

    ただ自信を失っていただけでもあるけれど。

    でもやっぱり 耳は痛い。


    電話など機械を通じた声が
    ただ聞きやすいだけでなく
    とても心地よい声の人がいる。
    響きがあるというか・・・
    揺らぎがあるというのか。

    最初に聞いた一言を
    ずっと覚えていたりする。

    2008/09/18(木) 22:08:25
    この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
    持つものは
    - 2008/09/17(Wed) -
    東には昇る太陽
    西には沈みゆく月
    空にはいわし雲

    ああ 秋ですね。


    もうすぐ秋の全国交通安全運動。

    先日友人が、国道の横で車を眺めていました。
    ただ眺めているだけかと思ったら、携帯片手の運転がどれだけいるか
    チェックしていたそう。

    結果、5分ほどの間で、5台。
    1分間に1台ですね。
    車の大きさには関係なし。

    恐ろしい。

    減ったのは道交法が改正された直後の1ヶ月間くらいじゃないかな。
    ばれにくいというのが原因でしょうか。
    それとも警察が見て見ぬふりをしているとか?
    反則金額をもっと上げればよいのに。

    携帯片手の運転は軽く見られがちだけど、
    事故を起こせば、決して軽くでは済まない。
    私の友人の息子さんも、
    鳴った携帯を取ろうとした
    若い女性ドライバーの運転する車に命を奪われた。

    また最近見かけて驚いたのは
    バイクでメールを打ちながら走る人がいることだ。
    それもかなりのスピードだ。
    自転車も危険だけど、
    自転車の続きで、バイクに乗っても習慣になってしまうのかな。
    一度、体とお財布に
    かなり痛い思いをされたらよいと思います。
    もちろん自分限定でね。

    モラルの低下は若い人に限ったことじゃない。
    年配の人でもいるし性別も関係ない。
    人を傷つける恐れがあるのにね。
    持たなければならないのは責任感。
    携帯じゃないですよ。

    2008/09/17(水) 06:54:34
    この記事のURL | いのち、事件・事故 | CM(0) | ▲ top
    優しい人
    - 2008/09/11(Thu) -
    久しぶりにN医師に会いました。

    喘息だった息子が通っていた、
    大きな病院のアレルギー外来の先生です。

    亡くなる1年ほど前から発作もあまり出なくなり、
    病院に行く回数も減っていたけれど、
    6年ほどその先生にお世話になりました。

    とっても優しいお顔の先生。
    診察が終わったら、必ずお礼を言って先生にさよならした。
    お礼といっても、私は先生に品物など
    送ったことも渡したこともない。
    お中元も、お歳暮も、入院しても。
    渡すものはたった一つ、心からのお礼の言葉だけ。

    というわけで、その先生と私は特に親しくはない。
    一人の医師と、一人の患者とその母親の関係です。
    でもその先生は、息子の死が夜のテレビニュースで流れたのを見て
    わざわざ病院に行きカルテを調べ息子と確認して、
    葬儀に来てくださったのだ。

    参列者の一人にお辞儀をして、それが先生だと知ったとき
    まさか来て下さるとは思わなかったから、驚いた。
    同時にとてもありがたかったし、嬉しかった。

    そのN医師、過去に2回おこなった
    「生命のメッセージ展」 にも忙しい合間を縫って来てくださいました。
    病院内の方に伝えるなど協力もして下さいました。

    今日は10ヶ月ぶりに行ったのです。
    普段ご無沙汰しているのに、こんな時だけで申し訳ないと思いながら、
    こんな時だからこそ、会いに行けるのが嬉しくもある。

    最近血圧が上がりましたと言う先生。
    以前と同じように話してくださるけれど
    少し、その優しいお顔に疲れが見える。

    以前より増して忙しくなられた様子。
    優しい人は無理をしがち。
    自分のために 時に冷たくなってほしいと思う。

    2008/09/11(木) 23:26:45
    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | CM(0) | ▲ top
    名前は知らないけれど
    - 2008/09/06(Sat) -
    お料理上手の・・さんと名前を書こうとして
    名前を知らないことに気が付いた。
    ありゃまあまあ。

    そういえば名刺をいただきましたと思い出し、
    バッグを探せど出てこない。
    明日落ち着いてもう一度探すことにしよう。

    名前は知りませんが、彼女のことはしっかりと頭に入っています。
    去年か一昨年にあるところにお店を開いた彼女、
    行こうと思えばいつでも行けたのに
    なぜか行く機会がなく、お話することもなかったけれど、
    最近、やっとその時がきました。

    今だからよかったのかもしれない。
    以前なら 行ったところで
    表面上のお話しかしなかったかもしれない。

    と 書いてふと思い出した。
    私は前のお店に 一度だけ行ったことがある。
    そしてお話しをしたけれど、
    やっぱり、今思ったように
    表面上のお話ししかしなかった。
    でも いい時間を過ごせた。
    そのことは覚えている。

    今日、彼女も言いました。
    この店に来たお客さんに、よい時間を過ごしてもらう。
    それが私にできることなのだと。

    言葉にすると簡単なことであるけれど
    それが熟すようになるまでには
    たくさんの人と会い
    彼女自身も、
    たくさんのよい時間を過ごしてこられたはず。

    そのことに気が付かず、
    多くの人は結果ばかりを急ぎ過ぎ。
    私を含めて。

    2008/09/06(土) 23:59:44
    この記事のURL | ひとりごと・日常 | CM(0) | ▲ top
    潰れたダンプ
    - 2008/09/01(Mon) -
    車で坂を下っていった。

    カーブを曲がったら 事故車がいきなり現れて
    慌ててブレーキを踏んだ。
    原型をとどめず つぶれて丸まった車。
    これは 青いダンプだ。
    息子を轢いたのと同じダンプだ。

    中には人が乗っている。
    頭から血を流して動かない。
    加害者かな? と思って覗いてみる。

    私は
    救急車を呼んで! と玄関の戸を開ける。

    夢だけどね。


    今でも車に乗っているときに
    前に 同じダンプが走っていたら
    止まって何台か行き過ぎてからまた走り出す。
    目の前を走られると苦しくなる。
    どうしても避けられないときは
    避けられるまで顔をそむけながら運転する。
    青いダンプは私にとって忌み嫌う存在。

    そのダンプが夢に出てきたのは初めてだ。
    くしゃくしゃになったダンプは
    もはや 怖れるようなものではない。


    夢では息子も出てきた。
    家でのんびり寛いでいる。
    のびやかな長い手足。


    2008/09/01(月) 07:39:36
    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | CM(0) | ▲ top
    | メイン |