スポンサーサイト
    - --/--/--(--) -
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
    遺品
    - 2011/09/20(Tue) -
    どじの服のリメイクは少しずつ進めている。
    その他の遺品も少しずつ整理しようと思い、
    遺品ぎっしりの押入れの中の収納ケースの
    まずひとつの引き出しをと、手に取って
    部屋に置いて、見たけれども

    見たけれども だめだ。

    その引出しには、習字道具が入ったバッグ、
    箱に入った幾つかのミニ四駆・・作っている途中のものもある・・
    ビー玉や駒やこまごましたものが入っている籠、
    作りかけの科学雑誌の付録
    紙粘土やパルプの入った袋・・何かの教材?
    訳のわからないものも含まれたその引出しを見たとき
    どじの人生が見えたようで
    痛くて辛くて悲しくて、整理するどころではなくなった。

    やっぱり無理なんだろうか・・
    遺品のひとつひとつに意味があり
    ひとつひとつにどじの姿が見えてきて
    とても処分出来そうにない。

    引出しを元に戻して、心も閉めてしまったけれども、
    それでもと、考え直した。

    このままずっと置いておく訳にはいかない。
    置いておいてもずっと押入れで眠ることになる。
    私だって遺品の整理が出来る
    残された人生の時間がたっぷりあるとは限らない。
    突然人生終わってしまったら、他の家族に任せてしまうことになる。
    また、家族と私とは想いも違う。
    9歳の子どもと言っても、残したものは多いものだ。
    私なら、もっと多くのものを残すことになるだろう。
    自分の始末も考えなければならなくなってくる前に
    亡くなった子どもの遺品の整理をしなければならない。
    そしてそれは、私でなければならない。
    生んだ時と同様に
    命を終えた時も親として最後まで全ておこなったし
    今でも親として責任を感じ、
    どじを大切に思い続けているから
    親として、残したものも最後まで自分で面倒見よう。

    と言いつつ、処分出来なくて
    悩んでしまうのだけれど
    やっぱり少しずつ、整理しよう。

    HPを作った頃に、「おもいで日記」 というブログを書いていた。
    遺品の写真を載せ、思い出や、それに関する内容を書いた日記だった。
    訳あって途中でやめて、ずっと書かずにいたけれど
    また復活しようかな。
    そうすれば少しずつ、気持ちも整理出来るようになるかもしれない。

    スポンサーサイト
    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | CM(2) | ▲ top
    生命のメッセージ展in敦賀
    - 2011/09/17(Sat) -
    9月10日(土)、11日(日)
    敦賀で2回目の生命のメッセージ展が開催されました。
    今は新快速が走っているので、電車に乗れば敦賀まで運んでくれます。
    私は10日に、行ってきました。
    敦賀での本開催は2回目。
    いのちの大切さと尊さを伝えていただいています。

    前回と同じく可愛い風船が迎えてくれます。
    201109105.jpg

    前方には子どもたちが集まっています。
    201109107.jpg

    毛糸玉が更に大きく、重くなっていました。
    201109109.jpg

    すぐ横にある海から爽やかな風が入ってきます。
    201109108.jpg

    ”いのりて”を作っています。
    小さな祈りのオブジェです。
    201109106.jpg

    美しい歌声。
    男性が吹く楽器も、とてもよい音色でした。
    説明が聞き取れずわからなかったのですが、なんという楽器なのでしょう?
    201109101.jpg

    福井県緊急消防援助隊の被災地救援の記録写真展。
    201109104.jpg

    201109103.jpg
    他に、東日本大震災報道新聞記事と、被災地のパネル展示がありました。

    こちらは、いのちのミュージアムが被災地を訪ねた時の写真とメッセージです。
    201109102.jpg

    テレビや新聞等で見る被災地は平面ですが、
    現地に行けば360度写真と同じ風景が広がっています。
    その重さは訪れなければわからないものだと、行った人は皆言います。
    どじがお世話になった先生も、この夏被災地に行かれました。
    そこで出会った人達は口々に、
    「この現状を他の人達に伝えて欲しい」と仰ったそうです。
    伝えていくことの大切さ。
    知ることの大切さ。
    災害でも犯罪でも同じです。
    メッセンジャー達の死と、災害による死の原因は違いますが
    命の尊さは、皆同じ。

    どちらも遺された者は辛い。
    だけど泣くだけで終わりではないのです。
    何かが与えられる。
    亡くなった人達は 見えないいのちを生きている。
    そのいのちをつなげていきたい。
    自分にも 他の人達にも。
    この記事のURL | いのち、事件・事故 | CM(0) | ▲ top
    東北へ
    - 2011/09/15(Thu) -
    震災から半年を過ぎても
    なかなか落ち着くことができない被災地。
    自分に出来ることは義援金を送ることぐらいしか思いつかなくて
    申し訳ない気持ちになってます。

    知り合いに(とは言ってもお話したのは2度だけ)
    2年間被災地のボランティアをするという人がいました。
    その方は女性で、還暦になられたところかな?
    手話関係の行事で何度か出会っているのでしょう。
    近所の知的障害者のグループホームに行った時、
    スタッフのその方を見て、知っている人だと思ったから。

    2年間家を離れて行ける環境にあるのだと思います。
    1度お会いしただけだったけど、その後
    そのグループホームのボランティアの1人から、
    彼女が近々やめるから、お別れの食事会をしましょうと誘われて、
    ボランティア仲間の4人と、彼女の5人で、
    近所のお店でテーブルを囲んだわけです。
    その時に、9月から福島県内にアパートを借り
    2年間被災地に通ってボランティアをすると聞かされました。

    彼女、昔から東北が好きで、東北に友人もいて
    何度か東北に遊びに行っていたそうです。
    震災が起こり胸を痛めておられましたが、
    自分も何か支援をしていこうと、東北行きを決められました。
    お休みする日は、大好きな東北を回らせてもらう、と仰ってました。
    素晴らしい時間の使い方・・
    今の生活から離れることは出来ず、気持ちはあっても行けない人達の
    代わりに行って下さるように思え、思わずお礼を言いました。

    ありがとうございます。
    どうぞ、よろしくお願いします。

    201109.jpg
    この記事のURL | いのち、事件・事故 | CM(0) | ▲ top
    | メイン |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。