風 変化
    - 2012/08/30(Thu) -
    まだ暑い日が続いているけれど、風に季節の変化を感じられる。
    トンボも山から下りて来るのか?よく見かけるようになってきた。

    自転車で走っていると横にスイとトンボが寄ってくる。
    陽射しの強い昼下がり 少し違う風を受け
    自転車でトンボと並走する。
    小さな生き物とのそんなひと時は、心を癒してくれる。

    家にいる小さな生き物・・猫たちも
    私の心を癒してくれる。

    でもみっちぃは、もうあまり長くは生きられないだろう。

    6月末頃からよく吐くようになり
    病院に何度か連れていったけれど原因がわからず
    ようやく、リンパ腫と診断されたのが10日程前。
    治療を受けて一旦よくなっても、
    殆どの場合生存は1年以内だそう。
    延命を目的とはしないけど、少しでも楽になればと思い、
    抗がん剤治療を受けることにした。

    すぐに効果が出るとの獣医の言葉通り、
    出なかった便も出て、ほんの少し楽にはなったみたい。
    涼しい場所を見つけて
    気持ちよさそうに眠っている姿を見るとほっとする。

    思えばみっちぃには随分助けられた。
    事故現場から逃げるようにこの家に引っ越してきてから、
    生後1ヶ月の頃にもらってきた猫。
    兄弟のむっちぃと共に、家族を癒してくれた。

    火事の時はみっちぃが炎をかいくぐって
    階下に下りてきて教えてくれたから
    私たち家族は誰も死なずに済んだ。
    むっちぃは助けられず申し訳なかった。
    みっちぃも助けて欲しかったろうに。

    今みっちぃは11歳。
    本来ならもう少し生きられるはずなのに
    これも寿命というものなのか。

    あとどのくらい一緒にいられるかわからないけれど
    質の良い 生 を送って欲しいと思う。

    それにしても今は猫にも抗がん剤治療。
    その陰には、多くの実験動物の存在がある。
    人の病気を治す新薬が出来るのも、
    多くの実験動物の犠牲があるから。

    申し訳ないという思いを持ちながら、
    その動物たちに心から感謝して、
    みっちぃのために薬 使わせてもらうよ。

    mittyi.jpg

    この記事のURL | ひとりごと・日常 | ▲ top
    花火
    - 2012/08/17(Fri) -
    打ち上げ花火は 
    ほぼ真下からのけぞるようにして
    見るものだ

    遠くから、直径数センチ
    または数十センチで見る花火なんて花火じゃない、
    と 私は思ってる。

    大輪の花と 体に響く大きな音。
    あれがなくちゃね。

    今 以前住んでいた地域での花火大会が佳境に入って、
    小さな音がぼんぼんぼん・・・・と 
    連続して響いてくる。

    小さな音だと思うのは、私の耳のせいでもない、
    だろう。

    花火を見られなくなって15年。

    昨年まで寂しく 悲しかった。
    今年も寂しく 悲しくもあるけれど
    今までと違うのは、
    私は不幸ではないと はっきりとわかったこと。

    確かにどじを失ったことは
    私の人生の最大の失敗。
    最大の悲しみ。
    最大の苦しみ。
    直接の原因が加害者にあったとしても。

    それは決して、幸せなことではない。

    だけど今 怒りはしても、
    誰も憎まず
    誰も恨みに思うことはない。

    苦しい15年ではあったけど
    よく耐えてこられたと
    そのことを私は 誇りに思うし、
    どじも喜んでくれるだろう。
    そう思えるのです。

    だから私は
    今まで否定してきた自分の人生に
    ありがとう と 
    言おうと思う。

    私を支えてくれた 多くの人たち
    家族 友人
    こどもたち。
    みんなに 心からありがとう。

    私は
    生きてきてよかったよ。

    でも 苦しまなければ
    わからなかったことかもしれないね。


    花火の最後は
    大音量の雷の音で、締めくくられました。

    久しぶりの雨。
    草も木も ほっとしていると思います。


    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | ▲ top
    ゴーヤ収穫
    - 2012/08/11(Sat) -
    ゴーヤって
    葉っぱもゴーヤの匂いがするんですね。

    すくすく育ったゴーヤ。
    今日はこれを天ぷらにする予定。

    天ぷらなら食べられるかなあと。
    ゴーヤ料理苦手なのですよ。
    どうしても 上手に出来ない。

    自然の恵み。
    涼しい日陰も作ってくれて 
    実まで生ってくれて
    食べさせてもらえて、
    うれしい!
    しあわせ!
    ありがとう!!

    20120811a.jpg
    この記事のURL | ひとりごと・日常 | ▲ top
    誕生日
    - 2012/08/03(Fri) -
    ページをめくりながら
    次の展開がどうなるか
    ハラハラ・ドキドキ・・

    日記見て。

    過ぎ去った日々の記録を読むことが
    こんなに新鮮だとは思わなかった。

    いえ ただ忘れてただけなのですが。

    子どもたちとの日々のいろいろ。
    意外と覚えていないものですね。
    他の方は違うのでしょうか。

    うーん 違うのかもしれない。
    私は忘れっぽいから・・。
    見知らぬ他人と思った人から
    おひさしぶりと挨拶されても 
    誰だっけ誰だっけ・・・
    全く思い出せないものね。

    出来事や人に執着しないのは
    いいことなのか あまりよくないことなのか?
    どちらにしても積み重ねてきて 今がある。
    丁寧に積み重ねたほうがいい。

    だから子どもたちとの日々
    丁寧・・とは言えないかもしれないけれど
    きちんと向き合ってきたことは
    良かったな と思えるのです。

    どじが腎盂炎になり、数日間40度超えの高熱が続いて
    これからどうなっていくのだろう・・・・と
    結果わかっているのにドキドキしながら読む日記。
    どじの苦しさも一緒に味わいながら読む日記。
    私たちは確かに一緒に生きていたと
    確認しながら読む日記。

    あともう少しです。

    今日も数ページ読もうと思います。
    今日はどじの誕生日。
    特に感慨深いでしょう。

    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | ▲ top
    | メイン |