スポンサーサイト
    - --/--/--(--) -
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
    願い
    - 2013/11/19(Tue) -
    色とりどりの落ち葉が風に舞っている。
    胸が詰まるような風景。

    だけど例年のような辛さは減った。

    16年かけて
    心を落ち着かせられるようになったのか

    それとも、
    諦めるために
    16年の月日が必要だったのか

    多分どちらでもあるのだろう。


    今年は子ども達の幼い頃から撮った
    8ミリビデオテープをDVDにコピーしている。

    事故後3年くらいの時に
    何日もかけて1人で全て見た時には
    最初から最後まで泣きながら見た記憶がある。
    その後は封印したかのように
    棚の奥にしまい一度も見ることはなかった。

    十数年ぶりに見る映像は
    皆も私も若く
    子ども達は幼く
    いきいきとして
    皆が生きているのだった。
    たくさんの思い出、
    たくさんの時間を共有できたことは
    なんて幸せだったのだろう。

    私の母が1歳になったばかりのどじを抱いて
    家の周囲を歩いている。
    その頃はまだ 事故が起こった道路は完成しておらず
    土肌の下り道が続いていた。
    母の視線のその先で
    まさかどじが命を失うなど
    どじ自身も 
    他の誰も想像してはいなかった。

    涙はそれほどこぼれないのだけれど
    とても心が痛む。
    命は なんてはかないのか。

    昔から人は
    命のはかなさを嘆きながら
    それでも生きてきた。

    私も他の人も 皆同じ。
    不幸に遭わないのは幸いであるけれど
    結果で人生が決まるわけではない。
    幸福も不幸もあるということ
    それが生きるということだ。

    いつどうなるかは誰にもわからない。
    だから 
    命が大切なものであることを
    意識して 生きていくほうがいい。

    親として
    生かせてやれなかったことを
    本当に申し訳なく思う。
    同時に 
    この人生でどじと親子の縁を持てたことに
    心から感謝している。

    生まれ変われることがあるのなら
    次もその次もその次もずっと、
    もっと長く生きられるように
    人生を楽しんで欲しいと 願っている。

    スポンサーサイト
    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | ▲ top
    断食 
    - 2013/11/14(Thu) -
    ファスティングともいいますね最近。
    ダイエット目的でする人も多いのかな。
     何でも横文字にすればいいってもんじゃないでしょ
      とも思いますけど。
    聞いた感じは良さげです。


    さて、今年の断食は、
    3日間の予定で行いました。


    断食の3日前の夕食から食事量を徐々に減らし、
    断食開始。

    1日目 一日で野菜ジュース1ℓ弱と氷砂糖4粒。
    ・・午後から頭痛と筋肉痛

    2日目 番茶のみ
    ・・いつもと同じお茶なのに、とてもまずく感じる。
      頭痛 筋肉痛 吐き気

    3日目 
    ・・中止

    その後4日間かけて食事量を戻す。


    3日目の早朝に起き、飲んだ野菜ジュースが
    塩辛く感じ、喉がひりひりするように痛い。
    それでも1杯を少しずつ飲み終えて
    食事の支度をしている時に、
    突然の急激な体温上昇と吹き出るような発汗。
    とても苦しくなり、一歩も歩けず、
    何もすることができなくなりました。

    食事の支度も途中でストップ。
    10分程とても苦しく、
    治まるのに30分以上はかかりました。
    このような苦しさ、人生初。

    後でネットで調べてたら、
    熱中症の症状によく似ていました。
    熱中症もこんなに苦しいのですね。

    治まったのでそのまま続行することもできたけど、
    通常の生活をおこなえないのは困るので、
    もうそこで断食は中止。
    用意していた炒り玄米のおかゆ(おも湯に近い)をいただきました。

    原因はわからないけど、
    ほぼ1年間毎月断食をおこなってきて、
    変な自信と油断があったのだと思います。
    水分も番茶より水の方が良かったのです。
    飲む量も少なめでした。

    食べないという行為は、
    生きようとする行為とは逆なのだから
    もっと注意が必要でした。
    慣れと過信は禁物ですね。
    何でもですけど。

    断食はお腹が空くし、気分も悪くなる。
    だけどどじのことを想えば、
    そして去年死んだみっちぃの苦しさも思えば、
    終われば食べることができる一時的な断食など、
    それ程辛いものではありません。

    それでもやっぱりしんどいものなのですよ。
    去年、8日間もよくやったな・・ 
    と自分でも感心しますが、
    決心さえすれば出来るものでもあります。

    結果よりも
    決心を固める方のことが
    大切なのかもしれませんね。

    予定通りではなかったけど、
    どじを想い、今年も行うことができて 良かった。

    これからも感謝の気持ちで
    毎月1回、断食を行おうと思っています。

    この記事のURL | | ▲ top
    小さな別れ
    - 2013/11/11(Mon) -
    ピアノを手放した。

    どじも使っていた、
    古いけどまだまだ使えるピアノ。

    数年前は私もピアノのレッスンを受けていた。
    でも徐々に正確に聞き取れなくなり、
    そうなるとだんだんと弾くことが少なくなり、
    一定の目標を達成出来た時にレッスンをやめた。
    それからあまりピアノに触れなくなっていた。

    ここ1、2年は誰も使わず、
    存在感も薄れてきていたけれど、
    処分する気にはなれなかった。

    ピアノとあった たくさんの笑顔。
    大切な思い出だけど、重くもあった。

    今では時が止まったまま
    朽ち果てることもできず
    想いだけが埃のように積もっていく。

    誰か使ってくれたら良いなと
    思って聞いてみたところ、
    普段からお付き合いのある共同作業所が
    もらってくださることになった。

    望まれての旅立ち。
    昨日は全身を拭いて
    ピカピカにしましたよ。

    そして今日 お引っ越し。

    約束の時間には
    時々降っていた雨もやみ、
    空は明るく晴れてきた。
    作業所のメンバー達の手で車に積まれ、
    新しい住処へと出発していく。

    これからまた、
    たくさんの笑顔に囲まれますように・・
    と願いながら、
    風の中遠ざかる車を
    見えなくなるまで 見送った。

    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | ▲ top
    16年
    - 2013/11/08(Fri) -
    「長いお付き合いですね」

    と 海先生が言われた。

    今日は命日で
    海先生と山先生が来てくださったのです。


    今日で16年が過ぎました。

    16年。
    長いようで短い
    何かをしてきたようで
    何もしてこなかったようにも思える16年。

    海先生と山先生とは
    年に2、3回お会いする程度ですが
    そのうちの1回が命日なのですね。

    今年もまた来てくださったこと
    申し訳なくも思いながら
    とても嬉しいのです。

    心からありがとうございます。


    気にかけてくれる友人達にも心から感謝。


    以前住んでいた地域の、友人の一人は
    今でも事故現場に
    造花を置いてくれている。

    彼女と会うのは年に1回。
    命日の前に現場を掃除し、花を置きに行く時だけ。
    家に寄ってお礼を言う その時だけ。

    行く度に
    彼女の環境も少しずつ変わっている。
    いつまでも変わらず若い彼女と話していると
    そんなに時が経っていないような気もするけれど
    昨日は、どじにいつもくっついて遊んでいた男の子もいて、
    その成長ぶりに(もう大人だもんね)
    やはりそれだけの年数が経ったのだと
    深い思いを抱いたのだった。

    その子の笑顔に昔の面影が残っていた。
    その面影の横にいた
    どじの笑顔が 浮かんできた。

    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | ▲ top
    断食は感謝も教えてくれる
    - 2013/11/05(Tue) -
    20131105.jpg

    秋だね 秋は好きじゃない。
    紅葉も嫌だね 秋は好きじゃない。

    でも秋の実りは喜び。

    庭の柿を収穫した。
    20個ほど。

    脚立でも取れない高い枝の柿は
    鳥達のために残しておこう。

    葉っぱのついた枝ごと、どじに供えた。

    もうすぐ命日だものね。


    生きたかったのに生きられなかったどじを想うため
    生かしてやれなかった自分を正面から見つめるため
    今年も断食を行っている。

    去年は8日間したけれど、
    今年は3日間。

    1日からお酒を断ち、
    2日の夕食から食事の量を減らし、
    今日から食べ物は口にしないことにした。

    とはいえ、日常生活の中で行うので、
    今日は野菜ジュースと少しの氷砂糖はとった。
    コーヒーも飲んじゃったけど。

    明日はもう少し減らそうと思う。

    やっぱり3日間は少ないかなあ・・とも思う。

    昨年初めて行った翌月からは、

    毎月6日から食事量を減らし
    7日断食 8日から少しずつ通常に戻していく
    3日間は禁酒

    と決めて、行っていた。

    でも5月中旬ごろから激痩せしてしまったので、
    7月、8月は禁酒だけにした。

    激痩せの原因は・・ストレス だと思う。
    6月に、行きたくないけどどうしても行かねばならない
    個人のイベントがあったのだ。
    そのストレスは終わっても長引いた。

    私は ストレスに弱い。


    断食で精神はクリーンになる。
    一日だけでは・・
    ちょっと足りないかもしれない。

    空腹は辛いけど
    どじを想えば大したことではない。

    申し訳なかったね
    将来の夢も
    やりたいこともたくさんあったのに。


    それでも私は生きていくよ。

    今までは、私はいつまで生きるんだろう
    生きなければならないんだろう
    と 思うことが多かった。

    今は自然に 生かせてもらっている
    と 思う。
    死に急がなくてもいつか死ぬ。
    それまではきちんと 生きていくよ。

    断食は 感謝も教えてくれる。


    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | ▲ top
    | メイン |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。