夏の空
    - 2014/07/21(Mon) -
    今日 初めて蝉の声を聞いた。
    (まだわかる)

    梅雨が明けたらしい。

    らしい というのが何とも・・だけど。

    忙しくしていて
    新聞、ネット 見てない読んでない。
    ニュースのちら見で、そうなのかなあと。
    (字幕なし)
    聞こえていたらわかるんだろうね。

    そして今 ネットを開いて見てみたら、
    やっぱり今日、梅雨明けしたそう。

    雨も降らず暑い日だった。
    おかげで久しぶりに洗濯物が乾き、
    力のある西日に
    今年もすだれをかけなくちゃと思う。

    夏到来。


    毎年夏が近づくと
    なんとなくわくわくしたものなのに
    どうしたことなのか昨年からあまり
    感じられなくなっていた。

    自分の中のみずみずしい心が
    薄れてきたような感じ。

    齢を重ねたせいなのか
    重く感じる出来事が多いせいなのか
    わかりませんが。


    だけど今日
    薄い青い空の
    薄い入道雲を見たときに
    少し 心が躍るような気持ちになった。


    夏は どじの思い出と重なる。


    どじも持っていただろう
    夏の空を見た時に抱く
    憧れのような気持ち

    ずっと感じたい。
    持ち続けていたい。

    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | ▲ top
    ホッピング
    - 2014/07/06(Sun) -
    ある年のクリスマスの
    サンタさんからのプレゼントが、ホッピングだった。

    亡くなる前の年だったかもしれない。

    どじがいなくなってから1年程は
    いつでも使えるようにと
    玄関の前に置いていた自転車の横に立てかけてあったり、
    部屋の片隅に置いてあったり。

    今住んでいる家に越してきてからは
    ずっと自転車と一緒に床の間に置いてあった。

    自転車は治して、3年前から外に置き
    たまに私が乗っているけど、
    ホッピングはそのまま。

    時々は玄関の横に置いてみたりもしたけどね。

    でも 誰もつかわず
    少しずつサビも出てきて、
    持ち手にはめてあったカバーも
    劣化して割れてしまって。

    どじの存在までもが風化していくようで
    悲しく感じてもいたのだった。

    そんなある日、家に来た小学生の子に、
    遊んでみる?と手渡したら
    すごく喜んで遊んでくれて。

    ボロだけどこれでも良かったら、と
    あげたら喜んで持って帰ってくれて。

    最初は数回しかできなかったのに、
    今では200回も跳べるんだって!

    お友達とも代わりばんこに、遊んでいるそうです。
    朽ち果てるのを待っているだけのようだったホッピングも
    これだけ遊んでもらえたら、本望だね。

    例え壊れても、
    持っていた命、使い切れて
    ホッピングも喜ぶよ。

    ありがとう。
    もらってくれて。
    楽しんでくれて。

    どじの代わりに遊んでくれて

    ありがとう。

    2014076.jpg




    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | ▲ top
    得体のしれない不安感
    - 2014/07/02(Wed) -
    集団的自衛権が閣議決定され
    得体のしれない不安を感じている。

    交通事故ゼロを目指す、
    いじめをなくそう、
    命を大切に、

    などという言葉がなんとなく
    霞んでくるような気がしている。

    平和であるのが一番です。


    それにしても阿部さん、急いでますね。

    彼は自己愛性パーソナリティだと
    どこかに載っていたのを見たことがあるけど、
    そうだとしたら大変困りますね。

    何を言っても無駄。
    人として未成熟な印象を受ける。


    なんてえらそうに言っている自分はどうなのか?

    と考えたら どうなんでしょう・・

    多くの失敗を重ねて
    少しは賢くなってきたとは思うけど、
    人としてはまだまだですね。

    いい人 とよく言われるけど
    「都合のいい人」 に過ぎないのかもしれませんね。

    この記事のURL | ひとりごと・日常 | ▲ top
    私 キレてもよいですか?
    - 2014/07/01(Tue) -
    既にキレました。

    (詳細は省く)







    この記事のURL | | ▲ top
    | メイン |