ラウンドアバウト
    - 2014/08/16(Sat) -
    先日お墓参りに行ったお寺は
    京都市の端の住宅街の中にあります。

    以前は市の中心部の便利な場所にあったのですが、
    都市計画のため現在の場所に移転しました。
    おかげで遠くなってしまいました。
    お寺にしてみれば、敷地も広くなり立派なお寺を建てることができて
    良かったのかもしれませんけど。

    だけどお墓のお引っ越し、
    大変だったことでしょうね。

    今のお寺は住宅街の中に建っています。
    豪邸も多い、閑静な町です。

    1980年代に開発が始まったその町には
    円形になっている交差点があります。
    ラウンドアバウトというものです。
    環状交差点、ロータリー交差点とも言います。
    欧米には多いそうです。


    ラウンドアバウトとは円形交差点の一種である。
    通常3本以上の道路を円形のスペースを介して接続したもので、
    この円形のスペースの真ん中には中央島と呼ばれる、
    円形の通行できない区域がある。
    車両はこの中央島の周りの環状の道路(環道)を一方向に(右側通行なら反時計回り、
    左側通行なら時計回り)通行する。

    (ウィキペディアより)


    日本ではあまり見かけませんね。

    最近になって、ラウンドアバウトの利点がクローズアップされ
    ニュースなどで報道されるようになりました。

    道路交通法の一部が改正されたからでしょうか?
    環状交差点については、

    環道内では徐行
    環道内を通行する車が優先される


    となります。
    9月1日からの施行です。

    お寺のある住宅街は
    車の通行は多くはないのですが、
    先日交差点に入った時には、
    他に2台の車が見えたので
    この住宅街の中では、交通量が多い場所なのだと思います。
    だからこの場所に、この交差点を設けたのでしょう。

    ラウンドアバウトの大きな利点は、
    直交しないこと、また
    速度を落とす必要があるために
    事故率が低くなる ということです。

    信号機を設置する必要がなく、
    進行もスムーズ。

    信号無視による事故が起こらないのが何より良いです。
    災害で電気がストップしても安心して通行できる。
    エコです! いいですよね。

    日本の都市の現状をみれば
    土地の確保が難しい場所も多いと思いますが、
    事故を減らすためにできればもっと、
    ラバンドアバウトを取り入れて欲しいものです。
    この記事のURL | いのち、事件・事故 | ▲ top
    お墓参り
    - 2014/08/12(Tue) -
    お墓参りに行ったんです。

    祖父、顔も知らない祖母、叔父と
    他の親戚のお墓。

    どじのお墓ではありません。

    どじにはお墓がありません。

    家族と共に今も家にいる。

    お盆だ、お彼岸だとお墓参りをして
    亡き人に思いを馳せるのは
    その人が過去になっているから。

    初七日から始まり四十九日
    一周忌 三回忌 七回忌・・
    と 法事を行い
    お骨をお墓に入れることで
    少しずつ過去になっていくものなのかもしれない。

    そのために法事もあるのだろうと思う。

    でも私は 今もお墓に入れないでいることは
    間違いではないと思っている。

    例え入れたとしても 
    過去になどなれるわけがない。

    どじはまだ 過去ではないのだから。
    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | ▲ top
    嵐が去って
    - 2014/08/10(Sun) -
    猫と一緒に夜空を見上げる。

    嵐が去って、お月さまがきれい。


    避難勧告が出て落ち着かなかった方も
    たくさんいらっしゃると思う。

    まだ風雨の中の方もいらっしゃると思う。

    被害にあわなかった方は何より。

    被害にあった方にはお見舞い申し上げます。

    天災も人災も自分で防げるならよいけど
    防げなかった場合は当然辛い。


    猫を抱きながら思った。

    この命も私の命も
    いつか消えてなくなる。

    動物も人間も理由はさまざまだけど
    命を失うのは自然の摂理でもある。

    だから私はずっと嘆き悲しんではいけない。

    一時は嘆き悲しむのは当たり前。
    何年も続くのも当たり前。
    でも自分の命がなくなるまで
    そこに留まってはいけない。

    悲しいことでもあるけれど。

    この記事のURL | ひとりごと・日常 | ▲ top
    妄想
    - 2014/08/03(Sun) -
    なんとなくいつも観ていると
    観ないと落ち着かなくなる朝ドラのセリフ
    「想像の翼」

    私の場合は
    「空想」 と 「妄想」 ですかね。


    子供の頃は空想タイム(わざわざ作ってた)

    痒くても耳かきせずに限界まで我慢して
    土曜日帰宅してから耳かきすることを
    この上ない楽しみとしていた
    変な子だった。

    今でも変なのかもしれないけど。

    しれない より かなり変に思われているのかも。
    自分ではいつも大真面目のつもりなんだけど。

    妄想が過ぎるんでしょうか?
    (○的なものではありません)


    どじはそんな変な親に育てられましたが、
    決して変な子ではありませんでした。

    面白くて、いい子だった。
    どんな大人になるのか、楽しみだった。

    食卓に誕生日のご馳走を並べる。
    その椅子にすわっている
    どじの姿。
    家族と話しているどじの姿。

    想像と空想と妄想で
    頭の中はいっぱいだ。

    足りないのは 現実だけ

    20140803.jpg
    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | ▲ top
    | メイン |