大変難しい
    - 2014/10/28(Tue) -
    膝の上と左右に、猫はべらせて布に向かう。

    庭の柿の木にメジロがやってきて
    残しておいた柿の実をついばんでいる。

    P1000635.jpg
    メインは奥だったんですが・・


    平和で穏やかな日常です。

    内側はそうでもないけど
    外から見たら幸せなんだろうと思う。
    多くの人もそうだろうけどね。

    だけど静かに布に向かえる時間を持てるのは
    幸せなことに違いないですね。


    どじの服は、本来なら捨ててしまう部分も使うので
    丁寧にほどくため時間がかかる。

    手先を見ながら、あったかいけど膝の猫重い・・  
    と呟きつつ
    いろいろなことを考える。


    人の意識を変えるのは難しいね。

    携帯片手にハンドル握る人。
    なんで停まれないかな~

    と、
    まず思うのは交通安全意識の足りない人達。

    他人の意見を聞き入れない人達。

    暴力的な人達。

    威圧的な人達。

    政治家 などなど。

    政治家が入るのも情けない話ですが。


    他にもたくさんいますよね。

    そして
    他人から見た自分も入っているのだろうと思う。
    人が正しいと思えることは 
    人それぞれだものね。


    以前は私は、それ程交通安全意識が高い訳ではなかった。

    自分では高いつもりでいたけど
    それは勘違いで、自分のこととして考えていなかった。
    大切な子供を失って、思い知ったのだ。

    だから意識を変えるには、
    大きな出来事が一番効果があるのだろうと思う。

    でもそれでは悲し過ぎる。

    どうすれば人の意識を変えることができるのだろう?

    継続した活動ももちろん大切、
    他に、何か良い方法はないだろうか・・

    と糸をほどきながら 考えている。

    この記事のURL | いのち、事件・事故 | ▲ top
    ヤキ入れました
    - 2014/10/27(Mon) -
    フライパンをリフレッシュ。

    ガンコな焦げを焼いて はがして 磨いて 
    油で仕上げして3時間。

    くたびれた。

    でもキレイになって気持ちいい。
    達成感がある。


    マナーとルールがなってないドライバーにも
    ヤキ入れて ハンドルから引き離して 
    亀の子タワシで垢を落として
    きれいにする ってこと 
    出来ないですかね?


    電話する間くらい停まればよいのに。

    急用でも1分かからないだろうに。
    この記事のURL | いのち、事件・事故 | ▲ top
    ポケットのおやつ
    - 2014/10/25(Sat) -
    続き。

    どじのポケットを解体して
    砂を庭にまいた後、
    もうひとつのポケットをほどこうとしたら
    底に 何かある。

    取り出してみると
    201410232.jpg

    何コレ?

    開いてみると
    201410233.jpg

    ハイチュウ グレープ

    包み紙

    入っていたまま確認せずに洗濯した模様。
    (よくある話だ)

    知らずに17年間
    ポケットに入ったままだったこの洗濯済みの包み紙。
    どじが折りたたんだ包み紙。
    ゴミバコに捨てられる訳がない。

    というわけで 永久保存の瓶入りとなりました。


    吹く風と 太陽の光と どじの笑顔が瞬時に浮かぶ。

    ポケットのおやつを味わいながら
    どんな楽しい時間を過ごしたんだろうなあ・・・


    どんなことを考えていたんだろう?
    その目で何を見ていたんだろう?
    ゴミもポイ捨てせずにちゃんとポケットに片付けて。

    ポケットのおやつを味わいながら
    過ごしたその時間。

    そんな日常のヒトコマは
    ただ過ぎていった時間じゃない。
    その時間こそが
    本当の宝物なんだと思う。

    毎日意識せずに過ごしていた時間は、
    実は とても素晴らしいものだったんだ。

    生きて今の時間を過ごしていることを
    常に意識して生きることができるなら、
    今ある命も
    亡くした命も もっと
    輝いてくるような気がする。

    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | ▲ top
    ポケットの砂
    - 2014/10/24(Fri) -
    どじのハーフパンツのポケットを解体したら
    細かい砂粒がぱらぱらと出てきた。


    ポケットにどんな宝物を入れていたんだか。

    ヘビ・・入らない  虫か 
    石ころか ?得体の知れないもの

    捨てられていた古いタイヤを自転車に無理やり積んで
    持って帰ってきたこともあったっけ。

    こらー (そんなもの拾ってくるな) と後ろから言ったら
    あっははと笑ってたなあ~


    ポケットの底には綿ぼこりなんかも詰まってて。

    これは小さな○○という虫の死骸なんかも入ってるんだろうなぁ
    と 思いながら
    ゴミはゴミバコに。
    砂は

    以前なら小瓶に入れて
    大事にしまっていただろうけど、

    庭にまいた。

    砂は 砂のある場所に帰ればいい。

    20141023.jpg

    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | ▲ top
    布に向かう
    - 2014/10/23(Thu) -
    裸足でいると冷える季節になってきたね。

    最近は家にいる時は時間を見つけて、縫物をしている。

    縫物と言っても、古い服を手直ししている時が多いけど。
    リメイク ですね。

    どじが着ていた服
    どじが生きていた頃に自分が着ていた服
    どんなにボロでも 火事のために変色していても
    捨てることが出来ない。

    だから生まれ変わらせる。

    時間がある時には布に向かう。

    ブログ更新もせず。


    書くことはたくさんあったけど
    パソコンに向かうと何もできなくて。

    夏の終わりの恒例のコンサートのこととか
    友人達が開催したイベントのこととか
    交通安全運動のこととか
    空の具合や
    災害のこととか。
    最近では庭によく出没する痩せたイタチのこととか。

    その他諸々 

    嬉しい出来事も胸の痛む出来事も多くあり
    頭で処理しきれない。

    だから布に向かうのかもしれない。
    この記事のURL | ひとりごと・日常 | ▲ top
    | メイン |