思い出
    - 2014/12/22(Mon) -
    家の最寄りの駅から小さな電車に乗ったら
    向かい合って座る座席の真ん中辺りに
    ろうの友人がいた。

    「おはよう」 
    「寒いね~」
    「風邪ひいてない?」
    「大丈夫 昨日は○○へ行った」

    などと
    降りる駅までいろいろ話した。
    もちろん 手話で。

    彼女と話しながら思いだしていた。
    どじの事故があってから
    暫くの間私は手話から遠ざかっていた。
    その頃私は聞こえていたから
    手話で会話ができなくても困りはしなかった。
    最低限の外出しかせず、何もせず 
    ずっと家にいた。

    そんな時 
    最低限の外出をする用事が出来て
    仕方なくこの小さな電車に乗った時
    駅で 今話している
    この友人とばったり出会ったのだ。

    朝の時間 たくさんの人の中の
    その友人と目が合ったとき
    やぁ と自然に笑顔になった。
    事故以来初めての
    久しぶりの 作り物でない笑顔。
    どじを亡くしてから数ヵ月は経っていたと思う。
    そのことに自分で気がついた時
    救われたような気持ちになった。
    笑顔にさせてくれたこの友人に感謝した。
    そんな付き合いをさせてもらっていたことに 感謝した。

    暖かい電車の中で会話しながら
    そのことを思い出していた。
    心にともる 小さな炎のような
    あたたかい思い出。

    この記事のURL | ひとりごと・日常 | ▲ top
    今頃だった
    - 2014/12/16(Tue) -
    あまりにも冷えるので
    ホットオレンジジュースに
    琥珀色の液体を少々

    ぽかぽかしてきた。

    あたたかい 

    心も あたたまる。

    141216_113929.jpg

    雪は降らないけど 毎日寒い。
    今日は冷たい雨が降っている。

    先日夜 眠ろうとしたら
    布団の上を ぽすぽすと
    猫が2、3歩歩く感触。

    閉めておいたはずなのに? 
    入ってきたのかなと起き上がってみても
    誰(猫)もいない。

    寒さが本格的になってくる頃

    死んだ日が近付く頃は
    猫も 思いだしてやってくるのだろうか。

    いつも何も考えていない時に来る。
    待っている時には 来てくれない。
    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | ▲ top
    今年の漢字
    - 2014/12/13(Sat) -
    今年の漢字は 「税」 

    消費税がアップされてから、出費が増えた。
    それまでなら
    例えばスーパーで買い物をし、
    レジに並んだ時に大体の金額を予想し
    その額はほぼ当たっていることが多かったけど
    増税されてからはいつも予想金額を大幅に上回る。
    値上げされた商品が多く
    更に中身も減っていて
    自然に出費は多くなる。

    税金が高くても
    社会保障が充実しているなら納得はできる。
    デンマーク、スウェーデンのような
    福祉国家の日本  

    夢。

    税金 大事に使って下さい。


    ということで 「税」 今年の漢字。

    マイ「今年の漢字」 は なんだろうと考えてみた。

    いくつか頭に浮かんだけどれも
    やはり今年は 『縫』
    だろうか。

    結構縫いました。
    とはいえ、お直しが多かったですが、
    かけはぎなども勉強してみたので
    時間ができれば チクチク縫っていたような気がする。

    最近はどじのコートの袖を広げて、着られるようにした。
    昨日着てみたけど
    薄手なので さむ~ かった。
    雨が降り気温が下がったせいもあるけど
    こんな寒いのを私は着せていたのかと思い
    申し訳ない なぜもっと あたたかいのを着せてやらなかったんだとも思い

    でも動きが多い子供と 立派な中年の私とでは違うとも思い
    そうだ 寒くない? と聞いても、元気に「うん!」と
    答えていたからきっと大丈夫だったんだろうとも思い
    いや やっぱり、もっとあったかいのを着せてやるべきだった とも思い、
    ・・・・と 帰宅してから30分程 しょんぼりとしていたのだった。

    思い返せば後悔することが多い。

    どじを失って心は裂けてしまった。
    思い返して後悔しては新たにまた傷を広げている。
    そんなびりびりに破れた心を
    どじの服や思い出の服を
    新しい形にして縫うことで
    少しずつ 直していったようにも思える
    この1年。

    『縫』
    マイ 今年の漢字

    これからも丁寧に
    日々 縫っていきたい。
    この記事のURL | ひとりごと・日常 | ▲ top
    | メイン |