スポンサーサイト
    - --/--/--(--) -
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
    解放
    - 2016/06/22(Wed) -
    眠れないとき ふと思ったのです。
    今まで (これでも)信じられないくらいに元気に過ごせてこれたのは
    奇跡みたいなものだったと。

    どんなに自分の精神に酷使されても、
    文句も言わず体は応えてくれました。

    体調が悪いと不満に思いました。
    また悪くても無視していました。
    申し訳なかったと思います。

    こんな私を今までよく支えてくれましたね。
    暗闇の中で 心から
    体にありがとうと言いました。


    風邪をひいたり、痛みがあれば治したくて病院に行っても
    積極的に生きていこうという思いはあまりなかったので、
    どんなに痛くても翌日治れば放置していたし
    健診に行こうとも思いませんでした。
    自分が生きている間は 命を味わい生きていくけれど
    家族のためにも食事にも気を遣っていたけれど
    自分の体のこととなると いい加減でもありました。
    これでは家族への責任感も
    ないとは言えないまでも、
    あったとも言えません。

    いつも いつ死んでもいい と
    心の片隅で思っていたからですね。

    そのくせ もし
    余命があとどれくらいか聞かされたら
    きっと おろおろして 
    生きていたいと思うのだろうなと想像してました。
    生きているものは 生きていたいと思うものだから。


    だけど先日、ある男性の方の通夜に行って
    思ったことがありました。

    高齢の方です。
    奥様が優しい方なんです。
    お話しする度に
    気持ちがほぐれるような感じがして
    世の中には 優しい人がいるのだなと
    いつも 思っていたのです。

    家族葬で 参列されたのはほとんどがご親族の方でしたけど
    悲しいけれども ご家族の方にも 笑顔がありました。


    どじの葬儀の時は 私は笑顔になれなかった。
    悲しい 苦しいだけの葬儀でした。
    その気持ちをずっと引きずっています。
    死は終わりではないと感じていても、
    実際にこの世では二度と会えないのだから。

    だから長生きしたくないと思っていました。
    じゅうぶんに長生きな人が
    もっと長生きしたいと言われること、
    毎年欠かさず健診に行く人達のこと、
    そんな当たり前であることを、
    私は少し冷めた目で見ていたのです。


    でも 通夜の様子を見ていて思いました。

    笑顔が出る葬儀って
    いいものだなって。

    亡くなられた方がどんな方だったのかはよく知りませんが
    ご家族を見れば、いい方だったのだなということがわかります。
    入院されていた期間が長かったので、
    漠然と あまり質のよいものではないのかな と勝手に思っていましたが、
    そんなこと 他人の私が知ることができる訳がない。


    優しそうな笑顔の遺影を見ながら思いました。

    子どもを失った悲しみを引きずって生きていくのは
    今日で終わりにしよう。
    もちろん忘れることはありません。
    毎日 ずっと想っています。
    でもそれに囚われるのはやめようと思いました。
    私は私を解放します。

    18年と7ヵ月かかって やっと思えるようになりました。

    スポンサーサイト
    この記事のURL | いのち、事件・事故 | ▲ top
    森のくまさん
    - 2016/06/22(Wed) -
    ツキノワグマが人間の味を覚えたとか
    熊にとっては人間は襲いやすいとか
    大変恐ろしい動物のように繰返し伝えるテレビ。
    小動物を襲っている場面を何度も見せたりして
    見る度にため息が出て胸が痛くなる。

    熊が愛らしくて大人しい動物だとは言いません。
    力のある、大きな動物なんですから。
    でもヒグマとは違い、ツキノワグマは
    獰猛ではないと聞いています。

    以前岐阜県の観光駐車場で
    ツキノワグマがいきなり人間を襲ったニュースがありました。
    数人が怪我を負い、
    その熊は射殺されました。

    その時もとても胸が痛みました。

    襲われた人達は恐ろしかったでしょう。
    命を落とさなくて良かったです。
    他にもパニックになった人達も大勢いました。

    熊もパニックだったんですね。

    ニュースによると、人間の残飯を狙っていたのではないかということ。

    要するに、熊のテリトリーに人間が近づきすぎてしまったことが原因です。
    自然に近づきすぎてしまったんですよ。

    自然豊かなところに簡単に行ける。
    人間にとっては嬉しいことですが、
    あまりにも距離を縮め過ぎてしまった。

    近づきすぎて襲われれば
    熊は恐ろしい!殺せ! 
    となる方がもっと 恐ろしい。

    何でも 程良い距離感が大切なのです。
    自然と人
    人と人
    同じです。

    日本熊森協会という団体があります。
    私は会報を見るだけ、知るだけ会員ですが、
    この活動に賛同しています。

    別に頼まれて書いている訳ではないですが、
    熊について思い違いをしている人も多いのではないかと思い、
    ちょっと紹介してみました。
    協会のブログも一度、読んでみて欲しいと思います。

    http://kumamori.org/

    上手に共存していきたいですね。
    亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。
    この記事のURL | ひとりごと・日常 | ▲ top
    鎮守の森のプロジェクト
    - 2016/06/04(Sat) -
    今日から梅雨入り。
    時が経つのは早いものです。

    「早くみつかりますように」 の 男の子、
    見つかって本当に良かったですね。
    想定外の場所でしたが、捜索して下さったたくさんの方々に感謝します。


    さて、
    ブログの左のくすのきの写真の上に貼ってあるリンク先、
    クリック募金(ついでにクリックお願いします) と、
    森の長城プロジェクト がありますが、
    プロジェクトの方は7月から名称が変更されます。

    新しい名称は
    「鎮守の森のプロジェクト」
    このブログでも変更しておきました。


    森の長城プロジェクトとは、
    東日本大震災で出たがれきなども入れて丘をつくり
    そこをその土地に適した常緑樹を密植・混植して森とする。
    津波などの災害の際には、森が街や人を守ってくれます。

    震災後数ヵ所で植樹を行ってこられました。
    5月にも宮城県の「千年希望の丘」で植樹活動がありました。
    行きたいと思いましたが、遠くてなかなか行くことが出来ません。


    「千年希望の丘」 とは

    津波で被災した岩沼市沿岸部に丘を15つくり、それをつなぐ園路に30万本の植樹をして森をつくるという千年希望の丘計画は、津波がきた時の避難所になり、さらに威力を減衰させるという役割を担っています。森の長城プロジェクトでは、この千年希望の丘にこれまで20万本の苗木を提供し、植樹の指導を行ってきました。


    (鎮守の森のプロジェクトHPより)


    名称を変え、今後は東北地方だけでなく、
    全国で森作りの活動を行っていくそうです。


    副理事長は生態学者の宮脇昭氏です。
    以前、お世話になった手話通訳者の方にこの方の本を薦められ、
    読んで感銘を受けました。
    その後何冊か読み、
    そして震災後に出版された本で、この活動のことを知りました。

    がれきを使用することに対して問題点を指摘する声もありました。
    専門家ではない私は何が正しいのかはわかりませんが、
    東日本大震災で、正しい 安全だと思われていたものが
    自然の力でいとも簡単に崩壊してしまったことを考えれば、
    どの方法が適正であるのかは、状況や場所によって違ってくるのでしょうね。

    活動は、指摘されたことについては検討し進めていく と
    どこだったか忘れたけど、書いてありました。


    今後全国で活動を展開していくことは、素晴らしいと思います。

    自然が凄いスピードで減少している。
    それが全て人間の手で行われてきた。
    自然に目を向け、再生していくのはとても大切だと思う。

    犯罪が増える 危険が増える、
    という声もまた、出てくるのだろうけれど
    人間に都合のよい環境ばかりではいけない。
    自然は人間だけのものではない。

    この記事のURL | ひとりごと・日常 | ▲ top
    | メイン |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。