風が梅干しの香り
    - 2016/07/24(Sun) -
    201607 - コピー

    梅雨明けの3日後から梅漬けを干し始める。
    自分が管理しやすい場所で干すものだから
    お天気の良い日でも丸一日は干すことが出来ない。
    一日5時間程度、影になる個所を避けて
    ざるを回しながら。

    それでも赤く おいしそうな色になってきた。

    自分で漬ける梅干しは
    自分の味覚に合って、おいしい。
    1年置くと尚おいしい。

    だけど漬けるようになったのはここ数年で、
    以前1度だけ作って、あとは全然手をつけなかった。
    何故なら、面倒だったから。
    体調が悪くて何もしたくなかったのもある。
    精神的に何もできなかった時期もある。
    疲れていたのもあるし 忙しかったのもある。

    だけど忙しかった というのは言い訳だ。
    と 友人の言葉を書いてみる。

    http://forest0818.blog71.fc2.com/blog-entry-197.html

    友人 いいこと言うよね。


    梅を裏返しながら思う。

    忙しい、面倒だと思い何もしなかったこと
    なんてもったいない時間を過ごしたのだろう。

    確かに面倒くさい。
    でもこの手間と時間が
    豊かなものを手にさせてくれる。

    今年は手違いで、例年より多く漬けるはめになった。
    だけどその分 自分の味を楽しめると思うと、
    ちょっと 嬉しい。

    面倒という言葉を使うと
    本当に面倒になってくる。
    あまり考えずに動くのがいい。
    これからはなるべく 禁句にしていこう。
    という なるべく という言葉をつかうのも、
    自分の味のうちなんだろうね。

    この記事のURL | ひとりごと・日常 | ▲ top
    | メイン |