特別な歌
    - 2017/08/19(Sat) -
    8日 京都の街中の
    ビルに挟まれた、車が連なる道路で
    赤とんぼが群れ飛ぶのを見ました。

    もう赤とんぼ?
    台風が去った後の蒸し暑い日で
    不思議にも思ったけれど、
    自分の住む町でも赤とんぼが飛んでいた。

    今年の夏は短いのかな?
    肌寒さで目覚める夜も増えてきた。


    そして今日は 夏の終わりのコンサート。
    どじの先生方が行う 年に一度のコンサート。
    今年もほっこり。
    たくさんの来場者の方々と、楽しい時間を過ごしました。
    どじは本当に 良い先生方と出会えたね。

    どじの歌は歌われることはない。
    寂しくもあるけれど 少しほっとしている自分に気付く。

    この場所で私はもう 特別な人ではないのです。

    特別という言葉は適切ではないかもしれない。
    でも 事故で亡くなった教え子の歌を歌ってくださることは
    私にとっては 特別なことだった。

    いつも緊張して 背筋を伸ばして聞いていた。
    会場にいる人の中にも
    あの歌を 私を 
    特別と思った人がいたのではないだろうか。

    生きているのが当たり前の年齢の子供が
    突然死んでしまうのは非日常。
    とても大きな悲しみ。

    それを受け止めて長年歌ってくださった。
    命日にも毎年来てくださった。

    歌を歌われなくなって
    先生方との繋がりが ひとつ減ったと感じている。
    他の同級生達の母親と
    同じ場所に立てたようにも 感じている。
    普通の人と同じ場所に。
    その人達と距離はあるけれども。

    歌を手放して下さったことで
    平凡だった日常を思い出したのかもしれない。
    二度とそこに戻れなくても、 
    ひと時でも、
    特別さ がないことに
    少し自由を感じてもいる。

    そう感じられるようになったのも 
    歌ってくださった十数年の時があったから。
    たくさんのことを思い出し、
    心から感謝しています。

    天国にいるあなたへ

    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | ▲ top
    一体になる
    - 2017/08/05(Sat) -
    洋裁関係の本の
    バッグ作家の方のアトリエ訪問 というページの
    その方のミシンについてのコメントに、

    昔はよく失敗してはほどいていたけど
    ある時ふとミシンと一体になったような感覚になれた瞬間があった
    と 書かれていた。

    私も失敗してほどくのはしょっちゅうだけど
    ミシンと一体になれた なんてこと一度も思ったことはない。

    その作家さんほど、ミシンに触れていないから
    まあ 当たり前でもあるんだけど、
    ほかのどんなものでも、
    一体になれた、と思えるようなこと
    もしかして一度もなかったかもしれない。
    いろいろなものを少しずつかじってはいても、
    一つのものに深く入ることはないから。


    バッグ作家なら ミシンと一体に
    書家なら 筆と一体に
    ギタリストなら ギターと一体に
    ピアニストなら ピアノと一体に
    旋盤工なら 旋盤と一体に・・

    どれもプロの仕事ですね。


    私は永遠のアマチュア。


    亡くなった人と一体に・・
    という言葉も時に聞くけど
    私 どじと一体に と思ったこともない。

    ただ自分の 核 として 常にある。

    自分の限度の中で 出来ることをする。
    それでもいいのだと 思っている。

    この記事のURL | ひとりごと・日常 | ▲ top
    お誕生日ありがとう
    - 2017/08/03(Thu) -
    今日は曇り時々晴れ。
    室温は30度前後あったけど、
    遠くの雨の空気を運んでくるような風が冷たくて、
    気持ちがよい一日だった。

    今日はどじの誕生日。

    家中をきれいにし、
    いつものようにちらし寿司を作り、
    好きだったおかずを作り、
    いつものようにスイカを準備
    と、
    今日は一日 どじのために動いていた。

    どじが生まれた、
    私がどじの母親になった、記念の日
    なのに 
    おめでとうの言葉は似合わない。

    だから おめでとうの代わりに
    ありがとう。


    お誕生日ありがとう

    生まれてきてくれてありがとう
    あなたの親にならせてもらってありがとう

    ありがとうの言葉の中に 
    申し訳ない気持ちが 
    ありがとうの何倍もこもっている。

    生かせてやれなくてごめん
    私だけが生きていてごめん

    私の心情にはごめんねの言葉が一番合うけれど
    どじにはそれは似合わない。

    だからありがとう

    ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう
    ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう

    お誕生日 ありがとう

    201783.jpg
    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | ▲ top
    入道雲
    - 2017/08/02(Wed) -
    日中は結構晴れた。
    山の上に入道雲がもくもくと。

    旅の予定も 遊びに行く予定もないけれど
    青い空と白い雲を見ると 
    なぜだろうね わくわくする。

    私もまだ そんな気持ちを持てているんだな 

    肉体的には若くない。
    そりゃそうだね。 
    だって今年の秋で20年だよ。

    どじはずっと9歳のままだけど
    私はその分 年をとっている。
    20年分 生きていない気持ちがしていても。

    だけど夏になるとわくわくする。
    青い空と白い雲に 憧れのような気持ちを抱く。
    どじのように。

    そんなことが、嬉しい。

    この記事のURL | ひとりごと・日常 | ▲ top
    | メイン |