スポンサーサイト
    - --/--/--(--) -
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
    被災者対応マニュアル
    - 2006/01/17(Tue) -
    今日は阪神大震災から11年。
    震災で大切な人を亡くされた方にとっては、辛い日ですね。

    私は同じ関西の離れた地域に住んでいますが、あの日はこちらでもかなり揺れました。
    近くのマンションでは部屋のテレビが飛んできたとか、壁にひびが入ったとか、
    そのような話をあちこちで聞きました。
    知り合いが被災地の近くに住んでいるという話を聞いたり、
    被災者の子どもたちが転校してきたり、
    割と震災を身近に感じていたと思います。

    そして震災から暫く経ったころ、新聞である記事を目にしました。

    それは、兵庫県立女性センターがつくった、
    避難所での被災者への対応マニュアルについての記事で、
    抜粋された幾つかの対応法が記載されていました。

    ・無理に励まさない 
     「大変やろうけど頑張れ」「不幸な目にあったのはあなただけじゃない」という言葉は、
     時と場合によっては相手に「自分とは違う世界の人」と感じさせる。

    ・孤立感を持たさない 
     友達同士、グループでする作業やおしゃべりの中から、
     現実を受け入れる気持ちが少しずつ増えていき、
     「自分だけではない」と考えるようになる。

    ・具体的な対応を 
     相談にのるときは、今何に困っているかを具体的に聞き、一緒に考えて。
     必要な情報を知らせ、結果を尋ねるだけで、次の一歩に向かう気持ちになれる。

    ・喪失の悲しみ 
     思い出させるのはかわいそう、という気遣いがあるが、
     話すことで現実を受け入れられる意味もある。

    ・心の傷に大小はない 
     被害の大小と心の傷は違う。「あなたよりもっと大変な人がいる」などの言葉は避ける。

    ・少しずつ癒されるのを信じて 
     対応する側が気負うと、よかれと思うことが押し付けとなってかえって負担になる。
     あせらずに。

    ・あまり先のことは考えないで 
     将来の不安が被災者の気持ちをふさぐ。
     今の一歩から次の一歩くらいのところで考えられるように目前のことの整理を手伝う。

    ・自分でできることの積み重ねでいい 
     仲間と話し合いながら、一人で負担を感じてしまわないように気をつけて。


    身近に被災者がいたわけではありませんが、何故か保存しなければと思い、
    記事を切り抜いて、大切に持っていました。
    その後、自分の子どもを交通事故で失ったあと、誰かのためにと残していたこの記事が
    自分のためにとても役立ちました。
    辛いときにはこの記事を取り出して眺め、自分を励ましたりしていました。
    他人の目で記事を読んでいたときとは違い、
    自分の子どもという 一番自分に近い存在の喪失を経験して初めて、
    その重さに気が付きもしました。

    震災のニュースで、セレモニーに参加していた女性が、
    インタビューにこう答えていました。
    「11年経ったというけれど、いのちはかえってこない」

    たった11年で傷が癒えるわけはないと思います。
    何年経っても、重い悲しみを抱えて生きていくのでしょう。
    でも、前を向いて精一杯に生きることで
    亡くなったいのちを活かすことはできると思います。

    わたしも自分なりに、失くした子のいのち、そして自分のいのちを
    活かせるような生き方をしたいと、
    震災のニュースを見ながら 思う夜です。


    2006-01-17
    この記事のURL | いのち、事件・事故 | CM(0) | ▲ top
    <<大切な君のために | メイン | 三方良し>>
    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する


    ▲ top
    | メイン |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。