聴導猫
    - 2010/12/26(Sun) -
    みっちぃ(猫)は
    夜は私の布団で眠る。

    私は朝に弱い。
    低血圧・・?・・なのか頭が回転できないのか
    起きだすのに時間がかかる。
    でもみっちぃはお腹が空いている。
    早く起きろと足ですったり、
    叩いたり
    腕かじったり。
    でも私に対しては、殆ど鳴かないそうなのだ。
    他の家族には
    ニャアニャアとうるさいらしけど。

    つまりみっちぃは
    私に鳴いても無駄だということが
    よーく わかっているのだね。
    賢いねえ~。

    脳の発達には、社会性が高い方が
    より考えることを必要とされるから
    社会性の高い犬の方が、猫より賢いらしいけれど
    猫も賢いよ。
    みっちぃは火事を知らせに炎の中を掻い潜ってきたし、
    私達の命の恩人(猫)でもある。
    あの中をよく通ってきたものだ。
    知らせてからも逃げもせず、むっちぃを助けろとばかりに
    階段の踊り場で鳴いていたけど、
    とにかく煙がものすごくて、
    助ける方法を考え付かなかった私の方が
    よっぽど頭が悪かった。
    こんな後悔 2度としたくない。

    むっちぃもそうだったけど
    みっちぃもお客さんが大嫌いで、
    インターホンが鳴ると隠れようとする。
    その仕草でインターホンの音に全く気が付かない私でも
    誰かが来たことがわかる。
    みっちぃは聴導猫でもあるのだった。

    そういえば以前は
    誰もいないのに階下で物音がしたものだけど、
    最近しなくなったな。
    私が聞き取れなくなったからかな。
    でも時折、みっちぃが階下を伺っている時がある。
    何かの気配を感じているから?
    降りてももちろん、誰もいない。
    そんな少し不思議なことに
    みっちぃがいない時には気が付くことができない自分が
    少し 寂しくもあるのだった。
    この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
    <<1月1日 | メイン | 火事>>
    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する


    ▲ top
    | メイン |