スポンサーサイト
    - --/--/--(--) -
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
    ひとりごと
    - 2006/03/30(Thu) -
    昨日、今日と寒いですね・・
    もう桜が咲いている地域もありますが、
    こちらはまだ蕾は固い。
    モクレンの蕾がようやくふくらんで
    ひとつ、ふたつと咲きかけたけれど、
    この寒さでまたガードを固くしたみたい。
    桜が咲くころには、
    咲き遅れている花達も一気に開くでしょうか。
    美しい春は もうすぐですね。

    雨も上がり、
    暖かくなったら犬の散歩にでも行こうかと思っていたけれど、
    風が冷たいのでやめました。
    軟弱者です。

    犬は今年で14歳。
    足が弱って、もうあまり遠くへは行けません。
    散歩に行っても近くをうろつくだけ。

    冬の間は寒いので、散歩にも行かず。
    狭いけれど庭で放し飼いにしているので、比較的自由だとも思うけれど、
    いつも同じ景色ばかり見ているのは飽きるだろうね。

    でも足は弱くとも元気です。
    でも少し複雑な気分です。

    この犬は息子が事故に遭った時に連れていた犬なのです。
    犬は助かったけれど、息子は即死。
    その後のストレスで私は難聴になりました。

    こんな話は引かれてしまうかな?
    でも誤解しないでくださいね。
    いつもいつも重く生きているわけではないのですよ。

    冗談大好きだし、
    遊びに行くのも大好きだし、
    お酒を楽しむのも大好きだし、
    映画も観るし本だって読むし。
    友達だってたくさんいる。
    楽しむことだって得意なのです。

    回復するのに時間はかかったけれど、
    そりゃ 他の人に比べたら、普通ではないだろうけれど、
    自分にとっては今の人生が普通のもの。
    誰しも見えないだけで
    いろいろなものを抱えて生きている。
    だから自分だけが特別だとか不幸だとか
    そんなことなど思ってはいない。

    自分が辛い体験をして、
    少しは人の痛みもわかる人間になったのかもしれないけれど、
    誰も傷つけたことがないなどとは、言えない自分でもある。

    幸せそうな人を見て
    自分の重さが悲しくなる時はあるけれど、
    知らない人が見たら私だって、
    幸せそうに見えるに違いないのだもの。

    ある人が、失ったものの分だけ得るものがあると教えてくれました。
    その通りだと思います。
    そう考えれば、私は結構、幸せな人間なのかもしれない・・

    なんだか心にひたひたと
    静かな幸せが満ちてくるようにも思うのです。

    そしてこんな私に関わってくれ、
    幸せを与えてくれた人たちにも
    心から感謝の気持ちが湧いてくるのです。


    2006-03-30
    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | CM(0) | ▲ top
    <<気分は大木の下 | メイン | 何が足りない?>>
    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する


    ▲ top
    | メイン |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。