気分は大木の下
    - 2006/04/01(Sat) -
    今日は 燃えるゴミの日。
    でもゴミを出すのをすっかり忘れてました。(また?)
    ご近所の方が来られて、玄関先で話をしていたら、
    グゴワワワワ・・・と音を立て
    ごみ収集車が大小の袋を飲み込んでゆく。
    あぁぁ・・と思ったけれどそのままお見送り。
    最近何でもよく忘れるなぁ。
    こう続くと忘れるのも当たり前になってきそうです。
    収集車が去って行った後には、破れた袋からこぼれ出たのか、
    シュレッダーで細かく切られた紙くずが道路に散乱している。

    暖かくなった風に吹かれ、
    紙くずがちらばっていく様を見て
    なんだか桜の花びらのように思いました。
    桜の大木の下で掃除しているような気分で
    箒で紙くずを集めていると、別のご近所の方が通りかかる。

    「ワンちゃん元気?」
    最近姿を見ないので、気にかけてくださっていたらしいです。
    「14歳ですか~ 高齢ですなぁ。」
    「目と耳と足は弱るけど、嗅覚は鋭いんでっせ~」
    とそんなこんなの立ち話。

    本当に2年位前から、目もしょぼしょぼしているし、
    呼んでも反応が鈍いし、
    ころんだらなかなか起き上がれない。
    獣医さんが、高齢だからあまり散歩は必要ないと言ったので、
    冬の間はさぼっていたけれど、
    やはり使わないと衰えも早いかもしれないね。
    そう思って、暖かくなった今日、
    久しぶりに散歩に行きました。

    でも 以前のようには歩けません。
    片足を上げてオシッコをすることもできません。
    もっと歩きたい気持ちは伝わってくるけれど
    無理せず少しだけで、帰ってきました。

    まあ、あせらずいこう。
    また、少しずつ慣れていこうね。


    2006-04-01
    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | CM(0) | ▲ top
    <<春の全国交通安全運動 | メイン | ひとりごと>>
    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する


    ▲ top
    | メイン |