社会について考える
    - 2006/05/09(Tue) -
    湖岸を自転車で走っていたら
    狭くなっている湖岸の遊歩道の入り口で
    二人乗りの自転車とすれ違うことに。
    速度を落として、彼らを待つかたちになった私に、
    先に入り口をすり抜けてきた彼らは
    ほぼ同時に軽く頭を下げて少し笑顔で会釈した。

    前に乗っていたのは推定?22歳くらいの女性。
    後ろに乗っていたのは推定?17歳くらいの男性。
    女の子と男の子と言ったほうがいいかな?
    どちらも若いふたり。
    どちらもオシャレな感じの子で、
    会釈するタイプには見えなかった。(失礼!)
    それにどちらもキレイな子なんだ。

    だからちょっと驚いた。
    ふたりがオシャレでキレイだから、という訳じゃないんだけど、
    道を譲っても何も言わずに通り過ぎる人が多いから、
    なんだか少し嬉しいような気持ちになった。

    人として普通のことなのにね。
    出来ない人が多いですよね。

    社会が変化するのは自然だけれど、
    人として当たり前のことをしたら目立つ、なんて社会には
    したくないですね。

    2006-05-09
    この記事のURL | ひとりごと・日常 | CM(0) | ▲ top
    <<災難 | メイン | かまちゃん>>
    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する


    ▲ top
    | メイン |