昨日の京都
    - 2006/07/21(Fri) -
    昨日も雨 今日も雨。

    昨日の京都です。
    200607211.jpg

    昨日は一日中雨でした。

    この鳥居の前に
    京都国立近代美術館があります。
    200607212.jpg

    美術には疎い私ですが、
    藤田嗣治展 に行ってきました。
    彼の生涯についての本を読んだこともあり、
    彼の生き方に興味を持ってもいました。

    この藤田嗣治さん、
    亡くなられてもう40年近くになるのですが、
    とてもセンスが良い人なのです。
    ファッションにしろ、インテリアにしろ、
    さすが芸術家です。
    絵は心を映しますね。
    作風は彼の変化と共に変わっていきますが
    どれも温かさを感じました。
    心惹かれる絵に出会えるのは嬉しいことです。
    時間をかけて絵を堪能しました。

    ここでは、貸し出しの音声ガイドもあり
    多くの人が耳元に当てて解説を聞いていました。
    私は本を読んで大体のことは知っていましたが
    絵についてはわからないものもあったので、
    ダメもとでも借りればよかったかな?

    聞こえる人にとっては便利なものだけれど
    聞こえない者にとってはただ羨ましいもの。
    かといって絵の横に解説文などあろうものなら
    人だかりが動かずに困るでしょうね。
    多くの人で溢れていました。


    その後
    とある料理旅館へ昼食に。

    格式高い高級旅館ですが、
    お昼はカウンターで食事が出来るんです。
    揚げたての天ぷらをいただけるんですよー
    美味しかったなぁ。

    このお店の奥の部屋には
    文楽人形が飾ってあります。
    200607213.jpg

    お部屋も見せていただきましたが
    落ち着いた和室でとても寛げます。
    お庭もしっとりしていて とても良い感じです。
    こんな旅館に泊まってみたい。
    きっと ゆったりと過ごせるだろうなぁ・・・

    さて、このお店では
    他にこんな出来事もありました。

    私達の隣に座っていた、Tシャツにジーンズの
    センスのいい素敵な感じの中年の男性が
    話しかけてきてくれたんです。

    手話で!

    嬉しかったですね~

    こんなカッコイイ人が手話できるんだ~! と
    感動してしまいました。
    (注:手話する男性がカッコ悪いわけではありません)

    聞けば、20年前に京都に来た時に知り合った人がろう者で、
    その人に手話を教えてもらったんだとか。

    街中で聞こえない人を見かけたら、何か手伝えることがあるかなと、
    手話で話しかけるんだそうです。

    聞こえる人のためにつくられた街の中では、
    特に知らない街では、聞こえないと何かと不便。

    そんな時に手話で話しかけられたら
    嬉しいものだと思います。

    私も とても嬉しかったもの。

    少しでも手話を知っていたら、
    どんどん手話で話しかけて欲しいですね。
    そこから会話の輪も広がるし、手話の腕も少しずつ上がるし、
    何よりお互いに嬉しいですから。

    2006-07-21
    この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
    <<夜遊びの帰りに | メイン | 夏を前に>>
    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する


    ▲ top
    | メイン |