11月8日
    - 2006/11/08(Wed) -
    目標にしている人
    いらしゃいますか?
    誰しも、何人かはいると思うのです。
    こんな人になりたいと思う人、或いは憧れている人。

    歴史上の人物かもしれないし、
    TVでよく見かける人かもしれないし、
    作家かもしれないし
    医者かもしれないし
    身近にいる人かもしれない。

    私にも何人かいますが、
    一番近づきたいと思う人は、

    笑われるかもしれませんが
    息子です。

    子どもを自慢するなんてこと、したことはないのですが、
    今日だけはしたいと思います。

    息子 (どじと呼ばれていました) は交通事故で
    9年前の今日、9歳で亡くなりました。

    小学校3年生でしたが、背が高く
    顔つきも大人びていたので、
    時に中学生に見られる時もありました。
    見かけだけではなく
    中身も少し大人びていたと思います。

    一緒に暮らす私には、
    まだ幼い部分も見えていたし、
    何と言っても9歳。
    未熟な面もありました。

    ですが人間的には
    私より優れていたと思います。
    亡くなってから多くの人に
    私の知らない一面を教えてもらい、
    私が感じていたことは正しかったのだと知りました。

    きっと味のある大人になったに違いない。
    自分も周囲の人達も
    喜びのある人生を過ごしたに違いない。
    そう思える子どもだったのです。

    夢も可能性もあった子どもを
    一瞬にして奪い去った交通事故。
    無念です。

    ですが 起こってしまった時間を取り戻すことはできない。
    だからせめて、まだ生きている私は
    息子を目標に生きていきたいと思います。
    あの笑顔を自分の心に置いて、生きていきたいと思っています。

    2006/11/08(水) 16:51:38
    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | CM(0) | ▲ top
    <<最近 | メイン | お引越し>>
    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する


    ▲ top
    | メイン |