ふーちー
    - 2006/11/30(Thu) -
    20061130.jpg

    いつの間にか家族が、壁に貼り付けていた写真。
    何を撮った写真かと思っていたけど
    猫を撮った写真だった。

    この猫の名前はふーちーと言う。
    4年前の夏に公園に捨てられていたのを拾ってきた。

    ところがなんと、
    この猫はてんかん持ちだった。
    3、4日おきに発作が出て、一度発作が起こると2日間は何度も繰り返す。
    小さな体なのに、どうしてあんな力が出るのだろう。
    小さな体にはかなりの負担。

    昼も夜も関係なく起こるので、発作の時には睡眠不足でふらふら。
    薬を飲ませ続けたけれど、全然治らず。
    それでも少しずつましになっていったような気がする時もあった。
    やっぱり薬のおかげなのか、12月になってからは、なんと、一度も発作が起きず、
    このまま治ればよいな なんて考えていた。

    そして3週間、何も起きず、
    生まれてから初めての幸福感を味わうかのように
    のんびり陽だまりで寛いだりしていて、その姿を見ると私も嬉しかった。

    だけどやっぱり幸せな時は続かなくて、
    日向で眠っている時、また発作が起きた。
    それはそれはものすごい大発作で
    一気に溢れる緊張感。
    二人がかりで押さえつけ、
    ふーちー専用のゲージに入れて、発作が鎮まるのを待つ。
    だけど久しぶりの強い発作で、痙攣が続いて、
    しばらくは押さえていなければならないほど。

    それでも少し治まり、やれやれと少しの間目を離した隙に、
    ふーちーの命は消えてしまった。
    何故最後まで傍にいてやらなかったんだろうと
    二人で泣きました。

    だけど悲しいのと同時に、ほっとする気持ちもあったのです。
    子猫1匹の世話が、本当に大変だったから。

    そして火葬にして、庭の片隅に餌と一緒に埋めてやった。

    そして
    次の日の夜のこと。

    ・・明日に続く・・

    2006/11/30(木) 20:41:42
    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | CM(0) | ▲ top
    <<ふーちー その2 | メイン | 手話で親子フォーラム>>
    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する


    ▲ top
    | メイン |