火葬
    - 2007/05/25(Fri) -
    犬が死んだよ。

    昨夜0時半ごろだったらしい。
    私は眠っていて知らなかった。

    ちょうど家族の1人が起きていて、
    犬が吠えるので様子を見に行ったら、
    息も絶え絶えという感じで、
    体に触れて名前を呼びかけているうちに 死んでいったそうだ。

    苦しかっただろう。でも
    命を終えるときに
    傍に誰かがいてくれたから、
    少しは安心感があったかもしれないね。

    火葬してもらって、骨を拾い帰ってきた。
    今まで飼ってきたペットのなかで、火葬したのはこれで3匹目。
    山に埋めてやった動物も数匹いる。
    本来なら、野や山に埋めてやるのが一番のような気がするけれどね。

    人も含めて、何度もやったお骨拾い。
    熱い熱い台の横で、
    あの時は・・あの人の時は・・などと考えていた。

    施設の人に
    この犬と一緒に散歩に行った息子は、事故に遭って死んだんです。
    私は 息子の骨を拾ったんです。

    ふと言いたくなった。
    ただ聞いてもらいたかった。

    でも やめた。

    2007/05/25(金) 17:42:54
    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | CM(0) | ▲ top
    << | メイン | 人間扱い>>
    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する


    ▲ top
    | メイン |