- 2007/05/26(Sat) -
    犬が死ぬ前の夜、
    もう、今夜あたりだろうと感じた家族のひとりは
    犬をブラッシングしてやった。

    でもブラッシングすると体のあちこちから
    膿が噴出してくる。

    体の片側にじょくそうができたから、
    その方を上にして寝かせていたのに、
    その上側の皮膚さえも ひどい状態になりつつあった。

    そのせいか、犬の匂いが沁みついて取れないと言う。
    家全体に犬の匂いがあると言う。
    私にはわからない。
    私は 鼻はいいほうで、匂いは敏感に感じるけれど
    強く感じていたのは線香の匂いで、
    犬の匂いはあまりわからなかった。

    寝かせていた玄関はまだ掃除していなかったから
    そこに匂いがついているのかもしれないと
    その家族は 夜、水を流して掃除をしていた。
    ドアを開けて、外には犬を看取ったもうひとりの家族もいた。
    そのとき、
    その犬が一声
    「ワン!」 と吠えた。

    と 
    二人が言う。

    斜め向かいの家でも犬を飼っているから
    その犬かもしれないけれど、
    死んだ犬の声で、耳元で聞こえた と言うから
    多分 死んだ犬が吠えたんだろう。

    聞こえたんだね。
    よかった。

    2007/05/26(土) 16:49:02
    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | CM(0) | ▲ top
    << | メイン | 火葬>>
    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する


    ▲ top
    | メイン |