スポンサーサイト
    - --/--/--(--) -
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
    躾け方教室
    - 2007/05/30(Wed) -
    死んだ犬は雄で、ケン という。
    秋田犬が混じった雑種だ。
    中型犬で、庭で座っている姿は、ビクターの犬に似ていた。

    一緒に引き取ったもう1匹は雌で、ユメ といい、芝犬だった。

    引き取ったときは、ケンが5歳、ユメが13歳。
    亡くなった友人は山の中腹の住宅地に住んでいて
    子どもたちと一緒に引き取りに行った。
    ワゴンの後ろに2匹を乗せ、家までの40分くらいの間
    落ち着かない犬を子どもたちがなだめながら 帰ったんだ。

    高齢のお父さんひとりでは世話できなくて、
    毛が抜けて皮膚病もあり、汚ない犬だった。
    ユメはおばあさんの顔をしていたなあ。
    手入れして 薬も塗って、少しずつきれいになってきたころに
    今度は躾をと、県の施設がおこなっている、犬の躾け方教室に行った。
    そこに行ってちょっと驚いたことには、
    来ている犬は、雑種なんて1匹もいなくて、
    見るからに高そうな犬ばかり!
    そして飼い主の人達も、オシャレな服に身を包んだ
    裕福そうな人ばかり。
    そう見えただけなのかもしれないけれど、
    2匹がますますみすぼらしく思えたよ。
    場違いなところに来たかな~と一瞬思ったけれど、
    大切なことは躾をすることで、見かけじゃない。
    きちんと指導を受けたら、きちんとした犬に即変身で、驚いた。
    さすがです。

    けれど、
    そこで教えてもらえるのは飼い主の犬に対する躾だけ。
    それ以外は自分で注意するべきものではあるけれど、
    飼い主と犬の関係だけではなく、
    車や人など他者との関係も考慮に入れて、指導した方がいいのではないかと、思う。

    以前の私のように、多くの人が、
    自分達は事故には関係がないと漠然と思っているだろう。
    でもそうではなくて、
    たまたま、事故に遭わずに済んでいるだけ。
    犬を飼っている人は、どうか注意して下さいますように。
    原因がドライバーにあっても、事故が起こってしまったら
    取り返しがつかないのだから。

    2007/05/30(水) 16:54:04
    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | CM(0) | ▲ top
    <<いつものように | メイン | >>
    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する


    ▲ top
    | メイン |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。