図書館にて
    - 2007/06/27(Wed) -
    今日久しぶりに図書館に行って
    書庫にある読みたい本をリクエスト。
    申し込み書に記入して、
    貸し出しカウンターにいた職員さん・・・なんと呼ぶのでしょう?・・・
    に渡します。
    そして、いつものようにぼそぼそっと言われるその言葉、
    私にはさっぱりわかりません。

    そこで、聞こえにくいことを伝えた。

    最近は
    「すみません、聞こえにくいのです」 
    という言葉も 言い慣れた。

    以前は言えなかった。
    自分が足りない人間のようにも感じてしまってね。
    まだ聞こえる という気持ちもあったりしてね。

    でも最近は、もう本当に聞き取れないから
    いい意味で開き直り。
    無理して聞き取ろうと思っても わからない。
    わからないものは わからない!

    普段ならもう一度言い直してくれ、
    それでもやっぱりわからないけど何度も聞き返すのが面倒で、
    わからないまま適当に頷くだけなのですが、
    今日は違った。

    私が一瞬困った顔をしたのを見て彼女はわかったようで、
    そのうえに私が聞き取れないことを伝えると、
    「手話できますか?」 と聞いてくれ
    たどたどしかったけれども

    「少し 待って 下さい」

    と手話してくれた。

    いやー うれしかったです!
    通じることが凄くうれしかったです!

    選挙の演説に手話通訳が横にいるだけで喜んで
    その候補者に投票する、という話も聞くけれど
    その気持ち、わかるわ。

    当たり前のように手話ができる人が
    どこにでもいてくれたらよいですね。
    手話ができなくても、
    聞き取れないと言ったらさっとメモとペンを取って
    書いてくれるのが当たり前であればよいですね。

    「してあげる」 という施しのような感覚ではなくね。

    2007/06/27(水) 17:37:57
    この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
    <<米村泰彦さん追悼コンサート | メイン | 断酒会>>
    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する


    ▲ top
    | メイン |