停止線
    - 2008/02/28(Thu) -
    いろいろな事故の話を聞きますが
    今日聞いたのは、
    抜け道から広い道路に出るT路路で、
    一旦停止を怠って進んだ車が
    広い道路を直進してきた車にぶつかり、
    その車が押された勢いで近くに立っていた人をはね死亡させたケース。

    よくある話。
    どこにでもある話。

    交通事故って、一つ一つ違うけれど
    似ている事故も多いですね。
    何故人は同じような間違いを犯すのかな?

    その事故を起こした人は80歳に近い高齢者であり、
    運転の初心者ではなさそうだった。
    私が想像するには、
    長年運転を続けていて、慣れと油断があったのだろうと思う。
    高齢であることも関係があるだろう。

    抜け道となる道は生活道路が殆ど。
    通らない方がよいのです。
    やむを得ず通る時には
    「通らせてもらっている」 くらいの気持ちで運転しなきゃね。

    また基本は守った方がいいですね。
    一旦停止の停止線では、きっちり止まりましょう。
    殆どの車が止まらないから。
    以前の私もそうだった。
    停止線で止まっても確認できない位置だから
    のろのろと見える位置まで進み確認、
    そのまま止まらずスピードを上げる。

    でもそれは間違いなのだと気が付きました。
    私は基本を忘れていたのです。
    そんな私が事故を起こさなかったのは、ただ運がよかっただけ。
    多くの人がそのことを忘れている。
    事故を起こしてしまったら 人を死なせてしまったら
    取り返しがつきません。

    確認できない位置に停止線があるのがおかしいと
    言う人はたくさんいますよね。
    それも私はわかります。
    でも停止線できっちり止まるだけで、安全意識が変わってきますよ。
    試してみてくださいね。

    2008/02/28(木) 20:56:55
    この記事のURL | いのち、事件・事故 | CM(0) | ▲ top
    <<生命のメッセージ展in川越少年刑務所 | メイン | 生命のメッセージ展in白鳥小学校>>
    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する


    ▲ top
    | メイン |