勘違い
    - 2008/05/31(Sat) -
    たけさん のブログに最近出てくる
    雪絵ちゃんの詩 は以前から知っていて、
    山元加津子さん のHPも以前から時折覗いていた。

    雪絵ちゃんにも たけさんの言うことにも
    共感する部分が多いと思っていた。けれど
    それは勘違いなのだと最近気が付いた。

    ふたりは
    動かない自分の体に感謝する。

    でも私はというと
    歩ける体、見える目、話せる自分や
    病気そのものに感謝することはあっても、
    既に悪い部分に対しての感謝はない。

    病気で苦しければ辛い。
    聞こえにくいと不便。
    他の健全な部分には感謝をしても
    悪くなってしまった部分に感謝することは殆どない。

    自由に動く手や足に
    動くことができてありがとうとは言える。
    見える目に
    多くのものを見せてくれてありがとうとは言える。
    けれど聞こえにくい耳に
    聞こえにくくなってありがとうとは言えない。
    それまで聞こえていたことにも
    心から感謝することはできない。
    でも言葉では
    感謝していますと幾らでも言えるから
    本当にそう思っているのだと勘違いする。

    言葉の表面をまとっているだけでは
    真の理解ではないね。

    なかなかふたりのようには思えないけれど

    聞こえにくい耳に感謝してみた。
    聞こえにくいことに対してではなく。

    不思議なことに
    自分を許せるような気になった。

    2008/05/31(土) 13:28:55
    この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
    <<オリジナル | メイン | 利用>>
    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する


    ▲ top
    | メイン |