- 2008/06/15(Sun) -
    用があり仕方なく
    以前住んでいた家に行った。

    信号を曲がり家に続く道路に入ると
    途端に動悸がして苦しくなる。
    のろのろと車を走らせ
    事故現場でさらにスピードを緩める。

    友人がいつも飾ってくれている
    造花が風に揺れている。

    今の季節に合った
    爽やかな感じの花に替わっていた。
    いつもありがとう。


    町は少しずつ変わってきている。

    今住んでいる人は花が好きなようで
    可愛い花で周囲を飾っている。

    庭の金木犀はとても大きくなっていた。
    カイヅカイブキは少しみすぼらしくなっていた。
    花壇を見てなかなかセンスがいいなと眺めてて
    私が作ったんだと気が付いた。
    自分でセンスがいいなんてよくいうなあーと思いつつ。

    周りに石やタイルを埋めてデザインした花壇。
    こんな面倒なことをこつこつとしていたんだ。

    トケイソウは枯れずに今も花を咲かせていた。
    白い花が緑のなかに浮かんでいるように見えた。
    一枝切って持って帰りたかった。

    2008/06/15(日) 12:39:42
    この記事のURL | ひとりごと・日常 | CM(0) | ▲ top
    <<花には水を | メイン | 言いたいことが多くて>>
    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する


    ▲ top
    | メイン |