スポンサーサイト
    - --/--/--(--) -
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
    重ねる
    - 2008/06/28(Sat) -
    先日会った知人のWさんは
    若い頃に交通事故で片腕を失った。

    手が不自由なWさんと
    耳が不自由な私とでは
    時折話が進まなくなる。

    片腕のWさんは
    片腕だからといって
    両腕が使える人より劣っていることはない。
    でもやっぱり片腕だから
    何をするのもほんの少し、時間がかかる。
    聞き取れない私が
    何度も聞き返したり
    どうしてもわからない言葉を書いてもらうのも
    ほんの少し、時間がかかる。

    そのひとつ
    「スクールガール」 という言葉が
    私は理解できなかったわけです。

    毎朝、
    交差点で黄色い帽子をかぶり、
    登校する子供達を見守る
    「スクールガール」 をしている。


    と言われ
    なぜ 「ガール」 なの。
    おじさんなのに・・・・・
    と話を続けながら頭の中は??で埋まる。

    勘がよければすぐにわかることなんだけどね、
    何しろ私でしょ。
    書いてもらってようやく理解しました。

    「スクールガード」 
    だったとさ。

    そういう感じで話をして、
    別れてから気が付きました。

    彼は、
    普通に話せる私の聴覚障害を忘れて話をするし、
    私は私で、
    片腕がないことを特に意識していないから
    その不自由さに気が回らない。

    彼は私が普通に電話ができると思うし
    私は彼が普通にメールができると思う。

    どちらも全く無理なことではないけれど、
    どちらにとってもスムーズではない。
    想像すればわかることを
    話に集中している時は忘れてしまう。

    忘れないこと、
    重ねていくことが大切ですね。

    2008/06/28(土) 21:08:51
    この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
    << | メイン | 寛容>>
    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する


    ▲ top
    | メイン |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。