身辺整理
    - 2008/07/08(Tue) -
    先日頭がすごく痛くて

    どうしよう このまま倒れたら。
    やりかけのことがいっぱいあるのに
    といつもの如く身辺整理をしなければ、
    と放ったらかしのものを眺めて反省していたわけです。

    ずっと前から同じこと言ってますね。


    幸いにも次の日には治り、その後ある人に会った時
    その身辺整理の話となりました。

    「整理なんてできないよ!
     みんなたくさんのものを残して死ぬんだから!」

    そう言ったその人は団塊の世代で
    既にご両親を見送られた方。

    確かにそうなのだ。
    整理しなければといいながら
    自分もたくさんのものを残して死ぬんだろうと思ってる。

    整理するのは残された人。
    息子のものだって私が整理したんだ。

    息子が残したものなんて
    大人に比べたら少ないものだけど、
    事故の前に 「捨てんといてな」 と言われていた
    作りかけの科学雑誌の付録のクリスマスツリーさえ
    葬儀の前に部屋を片付けていた時、
    手に取った途端悲しくなってごミ袋のなかに入れていた。
    学校から持って帰ってきた絵もゴミ袋行き。
    捨てたことを後ですごく後悔したけれど。

    今押入れのなかの遺品を見て思う。
    息子が残したものは
    息子そのもののように、みなシンプルで汚れがない。

    私が残すものは
    これまで生きてきた汚れや埃が
    いっぱいついていることだろう。

    やっぱり少しずつでも整理しておこう。
    (恥ずかしいものは処分したい)?

    2008/07/08(火) 17:13:20
    この記事のURL | ひとりごと・日常 | CM(0) | ▲ top
    <<バリアフリー上映会 | メイン | 願い事>>
    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する


    ▲ top
    | メイン |