スポンサーサイト
    - --/--/--(--) -
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
    手間
    - 2008/07/12(Sat) -
    自転車で歩道を走っていたら
    丸っぽい虫がお腹を見せて足を泳がせていた。

    通り過ぎたけれど気になって
    戻って拾って、
    横にあった街路樹に移してやった。

    カナブンだと思ったけど
    あれは蝉の幼虫だ。

    土から出てきて木に登ったものの
    落ちてしまったのだろう。

    でも時刻は夕方。
    出る時間を間違えたのかな?

    私がするのは木に戻すことだけ。
    それ以上のことはしない。
    あとのことには踏み込まないほうがいい。
    任せればいい。

    でも、また落ちても
    せめて人が踏む恐れのない場所に
    移してやったほうが良かったかもね。

    ちゃんと蝉の一生を全うできるのだろうかと
    お節介なことに今も気になっている。


    もう少しだけ
    手間をかけてもよかったのに。


    と思うこと

    他にもあるのではないだろうか。


    2008/07/12(土) 22:16:26
    この記事のURL | ひとりごと・日常 | CM(0) | ▲ top
    <<残すようなものじゃない | メイン | 五感を磨く>>
    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する


    ▲ top
    | メイン |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。