- 2005/06/29(Wed) -
    友人の家の裏の用水路には、蛍がいっぱいいるそうだ。
    蛍が乱舞する光景を、一度は見てみたいものだと思う。

    今住んでいる地域では蛍は見かけることはないけれど、
    以前住んでいた家の近くには山があり、
    谷や湿地帯だったところを
    埋め立てて住宅地にしたり工業地にしたりと工事が進んでいる。
    どじが亡くなった頃には、
    まだ湿地帯だったところは埋め立てられてから日が浅く、
    広大な空き地となっていた。
    埋め立てる前はたくさんの蛍がいたのではないだろうか。
    付近に民家は殆どなく、夜は星が綺麗に見えていたそこは、
    どじと一緒に行った犬の散歩コースでもあった。

    どじが亡くなって半年が過ぎたころ、
    夜に家族が犬を連れて散歩に出かけた。
    その空き地で佇んでいた時、ずっと向こうの方からひとつの光が、
    こちらにまっすぐ向かってきたそうだ。
    蛍より一回りほど大きなその光は
    家族の頭の上を一周して、そのまま山の方に進んで消えた。

    点滅していなかったから蛍ではない。
    あれは一体何だったのだろう。

    後で知ったのですが、交尾を済ませた蛍は点滅しないそうです。
    あれはやっぱり蛍だったのでしょうか。

    友人がこんな話をしてくれました。
    障害を持った子どもさんが亡くなった時、
    その子が寝かされていた部屋の外のフェンスに
    一羽の白い大きな鳥が止まり、人が近づいても逃げることなく、
    長い間そこでじっとしていたそうです。
    そういえば梅雨の頃に上司が亡くなった時には
    丁度葬儀が行われている時刻に
    窓から大きなトンボが入ってきてその上司の机の上に止まり、
    人が来ても逃げることなく暫くじっとしていたそうです。

    亡くなった人は何かのかたちになり、
    帰ってくることがあるのかもしれません。

    2005/06/29(水) 18:11:58
    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | CM(0) | ▲ top
    <<花と事故現場 | メイン | 残念な思い出 >>
    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する


    ▲ top
    | メイン |