阪神淡路大震災から16年
    - 2011/01/17(Mon) -
    私は聞こえが悪い分、情報を得るのが遅いので
    何かあった時に役立つと思い、市の防災メールに登録している。
    警報などが出た場合にはすぐにメールがあり、
    台風が接近してきたときなどはうるさいくらいに何度もあるけれど、
    便利でもある。
    今朝は久しぶりにその防災メールが入った。

    本日は「防災とボランティアの日」

    「防災とボランティアの日」は、16年前の1月17日に発生した
    「阪神・淡路大震災」の教訓を踏まえて設けられました。
    「もし今、大きな地震が発生したら・・・」
    自助、共助による防災意識の啓発に、
    皆様のご協力・ご理解をいただきますようお願いいたします。


    震災からもう16年。
    犠牲者のご冥福と、未だに後遺症に苦しんでいる方々が
    少しでも良くなられるようにと祈ります。

    地震はいつ起こるかわからない。
    一応、非常用の持ち出しリュックは用意してあるものの
    最近は開けたことがない。
    水も賞味期限が切れたままで補充していないし、
    この日を機に、改めて点検しなければと思う。
    阪神・淡路大震災の時にはまだどじは生きていたから、
    リュックの中にはどじ用の下着なんかも入れたまま。
    必要はないのだけど、
    新品だし誰かの役に立つかもしれないと思って、そのままにしてある。

    大震災の後にNHKが震災のシリーズの番組を制作した。
    犠牲者が教えてくれたこと、震災の教訓を
    忘れないでおこうとVHSテープに録画してあったものを
    今日久しぶりに見てみた。

    でも字幕が全くないので、内容がよくわからない。
    映像を見て判断しているだけ。
    それでも見ているだけで家族を失った人の悲しみと
    地震の怖ろしさは伝わってくる。

    私達、もし震災になったら情報がわからないね
    とても困るだろうねと、
    どじの事故後に私と同じように
    難聴になってしまった家族と話した。

    2人ともあと少しではあっても、障害者とはみなされていないから
    援助の対象にはならないだろう。
    自分の身を守れるのは自分だけ、ということを
    自覚しておかなければならないね。
    この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
    <<クソ | メイン | 寒中見舞い>>
    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する


    ▲ top
    | メイン |