スポンサーサイト
    - --/--/--(--) -
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
    周囲を見渡さなければ
    - 2010/02/04(Thu) -
    様様な事件や事故があるけれど
    子どもの死、特に
    虐待による子どもの死には
    胸が痛んで仕方ない。

    子どもは幸せであって欲しい。でも
    幸せではない子どもも必ずいる。

    この国だけでなく世界には
    大きな悲しみが数え切れない程あるのだ。
    以前は私もその中の一人だった。
    今はとりあえずどん底からは浮上したけれど。
    でも私などが想像できない程の
    もっともっと大きな悲しみに比べたら
    この程度(自分と同じ境遇の人のことを言っているのではない)
    のことなど軽いことなのかもしれない。
    不幸を比べて、
    ああ自分はまだましだ、
    なんてことを考えるのがいいとは思ってはいないけど。

    悲しんでいるその人が
    自分が世界で一番悲しくて不幸なのだと思っていれば
    それは世界の中で一番悲しくて辛いことであるのに違いない。
    以前は自分もそうだった。
    でもそれもいつか変わる。
    生きてさえいれば、
    自分が望めば、必ず変われる。
    だから誰かの手や
    自らの手によって死ぬことだけは、
    絶対に避けた方がいいに決まってる。

    2010/02/04(木) 18:07:33
    この記事のURL | いのち、事件・事故 | CM(0) | ▲ top
    << | メイン | 今年最後の日>>
    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する


    ▲ top
    | メイン |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。