スポンサーサイト
    - --/--/--(--) -
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
    生命のメッセージ展in桐生
    - 2009/08/25(Tue) -
    そんなことはないだろうと思われるけれど
    お盆は暇にしているので
    8月14日(金)~16日(土)に開催された
    群馬県・桐生市でのメッセージ展に行ってきました。

    暇だから行ったわけでもなく
    お盆だからこそ行きたかったのもあります。
    どうせならと前日の準備から行きました。

    会場となった桐生市市民文化会館。
    20090825.jpg

    地下1階にある展示室です。
    これから準備が始まります。
    200908252.jpg

    200908254.jpg 200908255.jpg 200908253.jpg

    なんとなく文化祭の準備みたい?
    いえいえとんでもない。
    メッセージ展は展示すればいいというものではありません。
    企画、協力の呼びかけ、募金集め、周知活動、準備、そして開催、終了後の整理、
    その他の様様な気遣いと
    それは大変な思いもしながら行うイベントです。
    それを高校生がしたのです。
    全て自分達の手で・・・・。
    桐生の高校生達のように、遺族ではない人達が行うメッセージ展も増えてきています。
    命の大切さを伝えたいという、強い思いがなければ出来るものではありません。
    学校生活と並行で進めてきた準備、
    詳しくはスタッフブログに書いてあります。
    http://inochi-kiryu.cocolog-nifty.com/blog/

    これは上毛電鉄のメッセージトレイン。
    車内に、沿線の子どもたちが描いた絵が展示されています。
    走る「命の絵画展」です。
    200908256.jpg 200908257.jpg

    ・私の大切だと思うことは、戦争のない平和でみんなが笑顔でいられる世界です。
    ・私がたいせつだと思うことは、どんな小さな命も、どんな大きな命も、
     同じであるということです。
    ・どうぶつを大せつにするのは、
     どうぶつにも人げんとおなじたいせつないのちがあるからです。
    ・自分の人生は1回のみ。
     すごいかくりつで生まれてきたのに、その命をそまつにしたらいけない。
    ・「幸せ」 まいにちごはんが たべられること

    幼い子でも、幼いなりに、命について一生懸命に考えた言葉が書かれています。

    自分の命や他者の命に思いを馳せること・・・
    大切なことなのですが、普段はあまり考えることはないですよね。
    でもメッセージ展がきっかけで、目を向けることができる。
    考えるきっかけとすることが出来ます。

    群馬のメッセンジャー達
    200908258.jpg

    桐生市は織物の町。
    北側にある採光のための窓は、織物工場を連想させます。
                               
    途切れない来場者。
    200908259.jpg

    天国の手紙コーナー。                        
    思いを綴られる方が多かったです。 
    2009082510.jpg

    スタッフの高校生達と、大きくなった毛糸玉。 
    2009082511.jpg

    本当に多くの方にご来場いただきました。
    若い方にもたくさん来ていただきました。
    お盆期間中に行われたメッセージ展、
    命と静かに向き合うことが出来たと思います。

    ところで私、今回は
    少し不思議な気持ちになりました。
    会場に佇んでいると、メッセンジャー(オブジェ)と来場者との
    区別がつかないように思えてくるのです。
    亡くなった命であるメッセンジャー。
    生きている来場者やスタッフたち。
    違いがあって当たり前なのに、同じように見えてくるのです。
    お盆という特別な期間だったからでしょうか。
    生と死は対極にあるけれども、同じものでもあるということなのかもしれません。
    生を考えるには死は必要不可欠。
    死を活かすことは、生を活かすことでもある。

    とても素晴らしいメッセージ展になりました。
    高校生の皆さん、本当によくして下さいました。
    開催してくださって本当に良かったと思います。
    スタッフの高校生達、そして彼等を支えて下さった桐生市の皆様に
    心から感謝いたします。

    2009/08/25(火) 07:11:59
    この記事のURL | いのち、事件・事故 | CM(0) | ▲ top
    <<小さな命 | メイン | 生命のメッセージ展in桐生 14日から。>>
    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する


    ▲ top
    | メイン |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。