エニシダ
    - 2010/05/07(Fri) -
    庭のエニシダの花が咲き始めた。

    201005.jpg

    昨年買って植えたもの。
    前に住んでいた家でも、
    ある日買って、植えてみた。

    エニシダは低木で成長の早い木だ。
    辞典によると、日本では10年程で枯れる木が多いとか。
    10年経ったらどうなるんだろう。
    こぼれた種が次々と成長するのかな?
    そんなことを考えながら植えたと思う。

    小さかった木はあっという間に大きくなって
    たくさんの黄色い花をつけた。
    風に揺れて黄色い束が揺れている様は
    とても綺麗で見とれるくらい。
    息子の記憶にも残っただろう。
    生きていたら花を見て
    前の家に咲いてたなと言うだろう。
    今でも見ていて 思うかな。

    毎年綺麗に咲いたけど
    ある年突然枯れてしまった。
    10年経ってなかったのにね。
    亡くなる1、2年前だった。

    思い出にはいつも
    息子の笑顔が重なる。

    今のエニシダの横には
    幼稚園の頃に乗っていた自転車が
    タイヤをはずして置いてある。
    亡くなった時の自転車は
    誰も乗る人がいないまま
    部屋に置かれたまま12年。

    私が代わりに乗って
    壊れてしまえば、処分しよう。
    そう思い自転車店で聞いてみれば
    耐性の面で改造できないという答え。
    乗りたいけれど。

    無理なら庭で 花と過ごす?

    2010/05/07(金) 16:42:11
    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | CM(0) | ▲ top
    <<生命のメッセージ展in敦賀2010 | メイン | ありがとうの言葉>>
    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する


    ▲ top
    | メイン |