ピーマンの緑
    - 2010/07/22(Thu) -
    梅雨明けと共に猛暑日が続き、
    今回は長いねと言われた私の落ち込み
    =プチ鬱 も
    ようやく明けたみたい。

    明けたといっても夏
    夏は息子の季節

    8がつうまれのどじくんは
    プールあそびがだいすき!


    と保育園の先生が
    お誕生日カードに書いてくれたっけ。

    いろんな場面での息子の顔
    笑顔や 泣き顔や
    プールに行ったものの水着を忘れたことに気付いたときの
    あの困ったような顔や
    虫を追いかけたり遊び回ったりして
    汗いっぱいで帰ってきたときの
    あの満足そうな顔や
    夜市や花火に行ったときの
    あのわくわくした顔やら
    本当にいろいろなことを思い出して
    おかしくなったり 涙を流したり

    私が住んでいるところは
    夏はあちこちで花火大会が行われるけれど
    あの日以来私は行くことができない。
    他の人たちと同じように楽しめない
    たぶんこれからもそうだろう。


    テレビを眺めていたら
    普段力 という言葉が出てきた
    毎日当たり前のことができる力

    だけど息子を亡くした私は もう普通にはなれない。
    一見普通の生活をしているようでも
    心の面で普通じゃない。
    耳が年々悪くなってきた私も
    普通にはなれない。
    一見普通だけど 
    絶対ふつうではない。

    普通 当たり前のことが
    できなくなってしまったことは
    当たり前のことができる力を
    失ってしまったことだ。

    私はそれが 悲しかったのだ。
    多分それが今回の 
    落ち込みの原因のひとつなのだと思う。

    そんなに普通になりたいのか?
    普通っていったい何なのよ
    普通は 多数というだけなのに。

    だけど普通でないことが私は
    嫌で嫌でたまらなかったのだ。
    受け入れようとしていただけ。
    いまでも嫌でたまらない。
    でももう どうしようもないことだ。

    ああ悲しい。
    悲しいけれども
    暑い一日が終わって飲むビールの
    なんておいしいことだろう。
    ころがり落ちたピーマンの緑の色が
    なんて鮮やかで きれいなんだろう。

    20100722.jpg

    2010/07/22(木) 19:20:24
    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | CM(0) | ▲ top
    <<8月3日 | メイン | 夕風>>
    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する


    ▲ top
    | メイン |