スポンサーサイト
    - --/--/--(--) -
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
    夏夢コンサート
    - 2010/08/23(Mon) -
    今年も 夢バンド の
    夏夢コンサートが行われた。
    息子の担任だった先生2人もメンバーです。
    小学校1年と2年の時の 
    山先生・・と言っておこう・・と
    3年生の時の 海先生

    毎年 山先生がギターをひき、
    海先生が息子の歌を歌ってくださる。

    息子の同級生達が卒業する前、
    1通の封書が送られてきた。
    海先生からで
    「天国へいるあなたへ」という詩だった。

    絵が好きだったあなた
    本が好きだったあなた
    みんなにたくさん思い出くれました・・・

    あの時私は
    卒業することができない息子のことを思いとても辛くて
    仏壇を背にして泣いていた。
    その時だ。
    誰かが私の頭頂部の髪を
    つんつんと引っ張っるのだ。

    私は 多分息子が引っ張っているんだろうと思った。
    泣いているから、少し心配しているんだろうと思った。
    でも振り向くこともせず、ただ涙をこぼしていた。

    しばらくして ポストに新聞を取りに行ったら
    その 先生からの封筒が入っていたのだった。

    先生の気持ちがうれしくて
    ありがたくてうれしくて
    ありがたくて、
    私はまた泣いた。
    そして気が付いた。

    多分息子は、大事な手紙が届いているから
    早くポストに取りにいけ と
    私の髪を引っ張っていたんだろう。

    気のせい?

    いいえ 多分、気のせいじゃない。

    海先生は息子のことを 
    この事故のことを
    「忘れないでおこうと思って この詩を書きました」 
    と毎年ステージで話されます。
    その言葉通り忘れないで、
    今年も歌ってくださいました。
    他のメンバーの先生方も協力してくださって
    いつもはヴァイオリン、
    今年は ピアノの伴奏が入っていました。

    亡くなってしまったことは
    本当に本当に悲しいことだけど、
    どじは本当に 幸せな子どもだな
    そう思いながら 歌を聞いていたのでした。

    2010/08/23(月) 00:23:45
    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | CM(0) | ▲ top
    <<解放 | メイン | いのちを見つめるパネル展>>
    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する


    ▲ top
    | メイン |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。