みっちぃと満天
    - 2012/11/04(Sun) -
    断食3日目からはほぼ水だけにしてみた。
    断食のことは終わってからまた書こうと思います。

    食事をとらないのは苦しいものですね。

    死が苦しいものなのかどうかはわからない。
    死ぬ時は案外苦しまないものだということを聞いたけど
    その後はどうなんだろうと考える。
    私にはわからないから、
    せめて自分が食べないことで、少しでも近づきたいと思う。

    だけど悲嘆から行なうのではありません。
    もし悲嘆から断食しようと思われる人がいたなら、
    それはやめた方が良いと思います。


    食べたいと思うのに食べない、苦しさ。
    ガリガリのみっちぃの
    食べられない苦しさがわかる気がする。

    みっちぃは食欲戻ったのに全然体重が増えず、
    痩せたままで安定が続いていた。
    でも先週1週間で体重が800g減っていた。

    家族から何かもらえるのが楽しみ
    1102.jpg
    だったけど、
    今は寄ってきても食べるのはほんの少しだけ。

    餌も少ししか食べないので、栄養サポートの粉ミルクを
    スポイトで口に入れている。

    もう抱くのもこわごわです。
    あまりの軽さに悲しくなる。

    そして昨日は血尿を出した。
    よろよろ、ふらふらの状態で、
    餌を食べるのも体が支えられず、足がすべって行く。

    だけど少しでも、自分で食べられることを喜ぼう。
    抗がん剤治療で回復して、一時元気になったことを喜ぼう。

    あまりにも体重が減っているので、
    今後元のように戻るのは無理かもしれないけれど、
    毎日、幸せを (猫の場合は気持ちよさかな?)
    感じられるようにと願い、世話をしています。

    もう1匹の猫、満天は、
    避妊手術を延ばしていた8月、網戸をやぶって脱走~。
    そしてめでたくご懐妊。
    これは飼い主のミスなので、仕方ない、
    なんとか貰い手を探そうと、出産を見守ることにした。

    先月、猫風邪をひいていたので病院に連れて行ったら、
    このまま堕胎できると言われました。
    赤ちゃんも大きくなっています。
    もし人間だったら、そんなこと許されませんよね。
    結構です、と断りました。
    医師は喜んでくれましたが・・・
    堕胎する飼い主が多いということなのでしょうか。

    日に日にお腹が大きくなって、
    触れると動きます。
    私も楽しみに待ちました。

    そして・・先月27日に 無事出産!

    満天ちゃんとは似ても似つかぬ (失礼)
    可愛い子猫が産まれました!!

    1103.jpg

    黒2匹と茶色の縞1匹。
    尻尾もしゅんと長く伸びている。
    今日見たら少し目が開いてた。

    3匹の新しい命。
    辛い中でも、喜びを与えてくれました。
    生んでくれて、ありがとう。
    生まれてくれて、ありがとう。

    この記事のURL | ひとりごと・日常 | ▲ top
    | メイン |