小さな別れ
    - 2013/11/11(Mon) -
    ピアノを手放した。

    どじも使っていた、
    古いけどまだまだ使えるピアノ。

    数年前は私もピアノのレッスンを受けていた。
    でも徐々に正確に聞き取れなくなり、
    そうなるとだんだんと弾くことが少なくなり、
    一定の目標を達成出来た時にレッスンをやめた。
    それからあまりピアノに触れなくなっていた。

    ここ1、2年は誰も使わず、
    存在感も薄れてきていたけれど、
    処分する気にはなれなかった。

    ピアノとあった たくさんの笑顔。
    大切な思い出だけど、重くもあった。

    今では時が止まったまま
    朽ち果てることもできず
    想いだけが埃のように積もっていく。

    誰か使ってくれたら良いなと
    思って聞いてみたところ、
    普段からお付き合いのある共同作業所が
    もらってくださることになった。

    望まれての旅立ち。
    昨日は全身を拭いて
    ピカピカにしましたよ。

    そして今日 お引っ越し。

    約束の時間には
    時々降っていた雨もやみ、
    空は明るく晴れてきた。
    作業所のメンバー達の手で車に積まれ、
    新しい住処へと出発していく。

    これからまた、
    たくさんの笑顔に囲まれますように・・
    と願いながら、
    風の中遠ざかる車を
    見えなくなるまで 見送った。

    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | ▲ top
    | メイン |