ポケットのおやつ
    - 2014/10/25(Sat) -
    続き。

    どじのポケットを解体して
    砂を庭にまいた後、
    もうひとつのポケットをほどこうとしたら
    底に 何かある。

    取り出してみると
    201410232.jpg

    何コレ?

    開いてみると
    201410233.jpg

    ハイチュウ グレープ

    包み紙

    入っていたまま確認せずに洗濯した模様。
    (よくある話だ)

    知らずに17年間
    ポケットに入ったままだったこの洗濯済みの包み紙。
    どじが折りたたんだ包み紙。
    ゴミバコに捨てられる訳がない。

    というわけで 永久保存の瓶入りとなりました。


    吹く風と 太陽の光と どじの笑顔が瞬時に浮かぶ。

    ポケットのおやつを味わいながら
    どんな楽しい時間を過ごしたんだろうなあ・・・


    どんなことを考えていたんだろう?
    その目で何を見ていたんだろう?
    ゴミもポイ捨てせずにちゃんとポケットに片付けて。

    ポケットのおやつを味わいながら
    過ごしたその時間。

    そんな日常のヒトコマは
    ただ過ぎていった時間じゃない。
    その時間こそが
    本当の宝物なんだと思う。

    毎日意識せずに過ごしていた時間は、
    実は とても素晴らしいものだったんだ。

    生きて今の時間を過ごしていることを
    常に意識して生きることができるなら、
    今ある命も
    亡くした命も もっと
    輝いてくるような気がする。

    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | ▲ top
    | メイン |