繋ぐ
    - 2014/11/10(Mon) -
    今年も海先生と山先生が来て下さった。

    今まで命日に来て下さることで
    どれほど救われたことでしょう。

    心から感謝します。


    海先生は最近お孫さんが生まれたそうで。

    孫が生まれるって どんな感じだろう?

    聞いてみた。


    自分の娘が子供を産んで、その子がそこにいることが
    不思議な感じがする と仰った。

    とても可愛いんだそうですよ。


    これが 命を繋ぐ ということなんでしょうね。


    どじには命を繋ぐことができなかった。

    子孫を残すことは
    生命の大きな目的ではあるけれど

    残せなかったからと言って
    命を繋げなかった ということではないと思う。

    適切な言葉ではないかもしれないけれど
    どじの精神 本質 魂

    というものは
    私に繋がってきていると思う。

    子から親へとは 反対のようでもあるけど
    私を通じてまた 別の人に
    そのものが少しでも通じるならば
    命を繋いでいるということに ならないだろうか?

    どじはまだ子供で
    伝えられるものがなかったようにも思えるけど
    どじの行動や言葉から 
    何かしら受け取った
    感じ取った友達も いたかもしれない。

    失われた命を考え
    その命がどんな命だったかを考え
    心に留めていけるなら
    失われた命はその人の
    助けになるのではないだろうか?

    経験してきた自分の身近にいた、何人もの人の死。
    時折思い出す人がいる。
    その人の本質を ふと思い出すことがある。
    それに勇気づけられたり
    救われたりしたこと
    そう 
    私にも 確かにある。
    この記事のURL | いのち、事件・事故 | ▲ top
    | メイン |