遺産
    - 2015/05/31(Sun) -
    今夜も眠れなくてね。

    日中ちょっと忙しくて
    用事が終わった後に疲れて少し横になって
    1時間程眠った。

    それで眠れない。

    あまりお酒は飲みたくないので
    瞑想したりしてなんとか眠ろうと思ったけれど
    眠れない。

    だから仕方なく? またビールを飲んでいる。
    窓の外はうっすらと明るい。

    眠れないのはちょっと辛いけど
    そんな日が数日続けば疲れて
    ぐっすり眠れる日がくる。

    毎日ぐっすり眠れるとよいけれども
    限界を超えたら眠れるのだからよしとしよう。
    それに 眠れなくとも
    なんとなく 爽やかな気分でもあるから。

    ということで
    前の記事に書いたように
    前の前のことを思い出したのでその続き。

    家の向かいには数軒の長屋が軒を連ねていた。
    斜め向かいには 一人暮らしのおじいさんが住んでおられた。
    子供さんも独立し、10年程前には奥さんを亡くされた
    ちょっと 気難しい感じのおじいさん。
    だけど住んでいるうちに打ち解けて
    会えばお話をするようになっていた。
    具合がお悪い時には、
    お節介にもおかゆなど持って行くくらいに
    少しだけ親しくもなっていた。

    長屋は間口が狭くて奥行きがあり、
    玄関を開けると土間が奥まで続いている。
    左には和室があり土間とは障子で仕切られていた。

    気になっていたのは その障子。
    時代劇のドラマのあばら家に出てくるような
    ぼろぼろの障子なのです。

    これでは風も入ってくるし
    貼り替えてあげたいと思ったけれども
    当時は私は 幼児を抱えた身。
    それにそこまでするのも
    なんとなくその方のテリトリーを犯すようで
    直しましょうか? とは言いだせなかった。

    そのうちにそこを引っ越すことになって
    その方とはお付き合いはなくなってしまいましたが・・。


    その後 どじが事故で命を奪われて
    数年後、
    わかったことがありました。

    あの方がぼろぼろの障子を放置していたのは
    面倒で直さなかったのではなく、
    奥様が貼った障子を貼り替えたくなかったからなのではないかと。

    御親戚の方や子供さんが きっと
    貼り替えようとおっしゃっていたのだと思いますが
    多分 断っておられたのではないかと・・。

    うちにも 貼り替えられない障子がある。
    火事で死んだ むっちぃが
    火事になる前の秋に
    羽虫を追いかけて 障子に爪のあとを残していた。
    その爪痕が残る障子を貼り替えられない。
    あれから10年過ぎた今でも
    その部分だけ残して 貼り替えている。

    お風呂の蓋もそう。
    どじが1歳の時に家を新築し、
    その時に買った蛇腹の風呂蓋。
    引っ越してからも持ってきた。
    今はもうばらばらになって 8個のパーツとなっている。
    それでもどじも使っていた その蓋
    どうしても捨てられない。
    最近、ようやく処分する決心がついたものの
    なかなか捨てられず 今も使っている。

    同じように そのおじいさんも
    思い出の残る障子を 貼り替えなかった・・
    のかもしれない。

    私の場合がそうなので
    そうなのかもしれないと思うだけなのですが、

    貼り替えましょうかと 言わなくてよかったと思っている。


    大切な 
    遺産のようなもの

    この記事のURL | ひとりごと・日常 | ▲ top
    | メイン |