普通ってなに?
    - 2005/09/03(Sat) -
    朝目覚めて鏡を見たときに、
    「どじに似ている」 と思い少し驚いた。

    親子なんだから当たり前だとも思うけれど、
    普通は、
    子が 「歳を重ねて親に似てきた」 と、
    感慨深げに思うものではないだろうか?

    どじは私に似て当たり前だけど、
    私がどじに似てきたと思うのはちょっと違うような・・・。

    それはそうと、
    そう思った時考えた。
    よく、「普通は」 という言葉を使うけれど、
    その 「ふつう」 って一体何だろう。

    そんなのふつうでしょ。
    ふつうに考えたら。
    あの人ふつうじゃないね。

    私もよく使いながら、いつも何が 「普通」 なのか考えている。
    広辞苑には、「広く一般的に通ずること」 と書いてあるけれど、
    多くの人は 「正しいと思われること」の
    意味を含んで言っているような気がする。

    でも、「正しいと思われること」 って、全て正しいのだろうか?
    理屈っぽく考える必要のない言葉かもしれないけれど、
    そして自分もその言葉を使いながらも、 「普通」?? 
    違うよなぁ・・と心の中で自問自答している。

    そう思うのは私が普通じゃないからだろうか。
    いえ、普通の人間なんだけど、
    時々考え方が人と違うことに気が付くことが、子どもの頃から多かった。

    でもみんな言わないだけで、
    「普通」 の振りしている人も多いのではないかな?
    人生なんて何でもありだから。
    清く正しい生き方が普通だと思う人もいれば、
    人をだまし続けることが普通の人もいる。
    選択するのはその人であって、
    人生半ばで、今まで普通としていたことが変わることだってある。

    犯罪被害者になれば、
    今まで自分が 「普通」 だと思っていたことが
    実はすごく矛盾していたのだと気が付くことだってある。

    やっぱり「普通は」 という言い方は好きじゃない。
    「普通」 はそれぞれの基準が違う。


    2005/09/03(土) 18:06:35
    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | CM(0) | ▲ top
    <<甘い考えですが | メイン | ありがとう >>
    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する


    ▲ top
    | メイン |