世界道路交通犠牲者の日
    - 2016/11/21(Mon) -
    色を増してきた木々には目を向けたくないけれど
    こんな日常は撮りたくなる。
    20161114.jpg

    秋は辛い季節だけど
    家にこもることはなかなかできません。

    昨日は、交通安全啓発チラシの配布を行いました。

    11月の第3日曜日は
    世界道路交通犠牲者の日です。
    交通犯罪予防のため、道行く人達に
    安全運転をお願いしています。

    今年も昨年と同じ、
    イオンモールKYOTOの広場にて行わせていただきました。

    交渉してくださったおかげで、
    当日、出入りの多い場所でも配布できるようになり、
    準備していたチラシや風車、全て配布できました。

    毎年京都犯罪被害者支援センターと
    京都府警の方が協力してくださいます。
    今年は京都市役所の方もご協力くださいました。
    そのおかげで私達の活動もスムーズに行えます。
    感謝です。

    風車
    20161121.jpg

    無視していく人もいますが、
    受け取って、じっくりと読んでくださる人もいる。


    交通事故はなくならない。
    死亡者の数は減ってはいても
    事故後24時間を過ぎた死、
    重い障害を残した人の数は含まれない。

    人間の体など脆いものです。
    鉄の塊の車にぶつけられたらどうなるか、
    誰もがわかることなのに。

    自分のこととして捉えられないから。

    交通事故は他人事です。
    だから運転中にゲームも出来る。
    電話しながら運転も平気。
    ルールだってマイルール。

    その結果、事故を起こして
    大きな不幸を他人に与えてしまう。

    いい加減気付いてくれないかな。
    事故を起こさないでいるのは
    たまたま運が良かっただけなのだということを。
    周囲が危険を察して、避けている時も多いのです。
    そのことに早く気付いて欲しい。
    避けられない事故など、殆ど無いに等しいのですから。

    自動ブレーキ、自動運転など
    安全に運転出来る車が開発されているけれど
    全ての人がそんな車に乗れるわけじゃない。
    自分の運転に自信を持つ人の中には、
    そのような車には 乗りたくないと思う人もいるかもしれない。

    だから大事になるのは 心がけ。
    それぞれが意識を変えていくこと。
    ハンドルを握るその手に
    自分の、他人の、 
    命が委ねられている。

    安全運転 お願いします。

    この記事のURL | いのち、事件・事故 | ▲ top
    | メイン |