いつかきっと
    - 2017/01/22(Sun) -
    今朝、窓を開けた時、
    春の匂いがした。

    いつものように寒い日ではあったけど、
    まだ春には遠いけど 
    何故だろう
    空気が 匂いが違っていた。

    感じると 春の空気を思い出し
    なんとなく 嬉しいような気持ちになる。

    そしてすぐ 
    私には待ち遠しい春が、
    ある人にとっては
    とても苦しい季節なのだと思い出す。

    風香る季節も
    私の好きな雨の季節も
    青い空と白い雲に憧れを抱くような季節も、
    他のある人にとっては 
    とても辛く 苦しい季節。

    私が 皆が美しいとはしゃぐ
    紅葉の季節が辛いように。

    だけどこれからは少しずつ
    紅葉の美しさにも慣れていこうと
    思っている。

    どじの眠るお墓は
    紅葉で有名なお寺の片隅にある。
    お墓にたどり着くまでに
    嫌でも目に入る 美しい紅葉。

    これからはその色鮮やかさに
    視線を落とさず 歩こうと思う。

    辛い季節がある人も 
    その季節を静かに
    眺められる日が訪れる。
    いつかきっと。 

    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | ▲ top
    | メイン |