一体になる
    - 2017/08/05(Sat) -
    洋裁関係の本の
    バッグ作家の方のアトリエ訪問 というページの
    その方のミシンについてのコメントに、

    昔はよく失敗してはほどいていたけど
    ある時ふとミシンと一体になったような感覚になれた瞬間があった
    と 書かれていた。

    私も失敗してほどくのはしょっちゅうだけど
    ミシンと一体になれた なんてこと一度も思ったことはない。

    その作家さんほど、ミシンに触れていないから
    まあ 当たり前でもあるんだけど、
    ほかのどんなものでも、
    一体になれた、と思えるようなこと
    もしかして一度もなかったかもしれない。
    いろいろなものを少しずつかじってはいても、
    一つのものに深く入ることはないから。


    バッグ作家なら ミシンと一体に
    書家なら 筆と一体に
    ギタリストなら ギターと一体に
    ピアニストなら ピアノと一体に
    旋盤工なら 旋盤と一体に・・

    どれもプロの仕事ですね。


    私は永遠のアマチュア。


    亡くなった人と一体に・・
    という言葉も時に聞くけど
    私 どじと一体に と思ったこともない。

    ただ自分の 核 として 常にある。

    自分の限度の中で 出来ることをする。
    それでもいいのだと 思っている。

    この記事のURL | ひとりごと・日常 | ▲ top
    | メイン |