絵に描いた餅
    - 2017/11/01(Wed) -
    広告が掲載されるほど更新していませんでした。
    書くことはいっぱいあるのですが・・
    いろいろあった10月でした。

    最近の私は妄想ばかりしていて、
    そんな私に友人が一言。

    「妄想より希望していると言った方がいいよ」

    確かにそうかも。
    妄想という言葉は ふさわしくないかも?

    私にとっては妄想=希望=現実へ
    ということだと思っているので、
    つい 妄想 と言ってしまうのですよね。

    「絵に描いた餅をいつも食べてます」

    と、2014年のブログに書いた。
    あいうえおで呟き

    あの頃から・・そのずっと前から・・進んでいないということか。

    いやいや 少し進んでるかも。
    一歩を踏み出したからね。
    10年早かったら良かったとも思うけど、
    心が定まるまでに時間がかかった。

    だって遺族だものね。

    ようやく落ち着いてきたと最近思っている。
    11月だけど、落ち着いて受け止めている。
    そう思えるようになるまでに、20年かかった。

    遺族の皆さんが全員、そうではないですよ。
    私より早い人も (いるかもしれない)
    長い人は (けっこういそうな気がする)

    落ち着く=忘れる ことではない。
    心の中心にはいつも どじがいる。

    だから私はいつも 
    安心して絵に描いた餅を食べている。

    これがまた 美味なんですよ。



    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | ▲ top
    | メイン |