命日
    - 2017/11/08(Wed) -
    昨夜はいつものように
    暗闇に紛れて事故現場を掃除し
    花を置き、
    いつも造花を飾ってくれている友人宅にお礼に行き、
    と 毎年 いつもと同じ。

    違っていたのは、悲しくてたまらなかったことだ。

    悲しくてたまらないのもいつもと同じだけど
    涙が止まらないのは 初めてだった。

    友人宅にお礼に行って、話しているうちに
    悲しくて悲しくてもうどうにも止められなくて。

    この20年間 人前で泣くことはなかった。
    いつもぐっとこらえて、涙はほんの数滴で抑えてた。

    昨年 どじの納骨の時には
    涙が止まらなくて号泣していたけれど
    それ以後も そんなに泣くことはなかった。

    でも今は涙が止まらない。
    悲しくてたまらない。

    人前で涙を流せるようになったのが
    いいことなのかどうかはわからない。

    ただ悲しい それだけ。

    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | ▲ top
    | メイン |